スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

下の廊下(出発~一日目)

2012-10-09
IMGP1329_640.jpg
黒部峡谷の流れに沿ってピークを踏まない山歩きをしてきました
下ノ廊下とは、黒部ダム~仙人谷ダム間のルートで「旧日電歩道」と呼ばれ、電源開発の調査目的のため岩盤に無理やり切り拓かれた道のこと
一年中通行できるわけでなく平均して9月~11月の2ヶ月程度しか通行できません
冬期間の降雪量や雪崩の具合で残雪量が異なるので開通時期が毎年変わります
このルートの整備は毎年、関西電力が行っています
(黒部ダム建設時の付帯条件であったため)
今年は9月の初旬にルートの整備が完了し通行することが可能となりました

通常、歩かれているコースは黒部ダム~仙人谷ダム~阿曽原温泉小屋(泊)~欅平(けやきだいら)
※仙人谷ダム~欅平は「水平歩道」と呼ばれてます
このコースを歩くのに問題なのがスタートとゴールが違う地点なこと
車で行くとゴール地点からスタート地点に車を取りに戻ってこなければならない
となると必然的に公共交通機関で行くのがベスト
京都駅(大阪駅発)から扇沢への夜行バスがあるので9月の下旬、インターネットで10月5日の空席状況を見てみると・・・
甘かったです

残る移動手段は電車
時刻表、インターネットで情報を集めて計画しなおしました


10月 5日(金)
IMGP2005_640.jpg

IMGP2010_640.jpg
仕事を定時で終えて京都駅から名古屋駅へ新幹線で移動
名古屋駅から松本駅まで特急しなので移動します
今日は松本駅周辺のビジネスホテルに宿泊します

IMGP2008_640.jpg
特急が出発するまでの間、立ち食いきしめんを食べることに

IMGP2014_640.jpg
さらに特急の中でひつまぶし駅弁

IMGP2020_640.jpg
22時、松本駅近くのビジネスホテル到着
次の日は朝早く出発なのでお風呂に入って即寝しました


10月 6日(土)
IMGP1257_640.jpg
松本駅から朝一番の電車で信濃大町駅に向かいます

IMGP2022_640_20121009231953.jpg
信濃大町駅からバスに乗り換え扇沢へ

IMGP1264_640_20121009231452.jpg
扇沢から黒部ダム行きのトロリーバス待ち
朝早くからたくさんの人でした

IMGP2024_640.jpg
今回は黒部ダムまで片道

IMGP1266_640.jpg
黒部ダムに到着
どのトロリーバスも満員でした

IMGP1273_640.jpg
9割9分の人は立山・室堂方面(黒部ダム方面)へ向かいます
自分は寂しく日電歩道 内蔵助谷方面へ歩いていきます

IMGP1275_640.jpg
上の方は紅葉してるのかな?

IMGP1276_640.jpg
登山道を下っていきます

IMGP1278_640_20121009231517.jpg
川を渡りながら黒部ダムを見ると

IMGP1281_640_20121009231517.jpg
観光放水がこの角度で見れます

IMGP1283_640.jpg

IMGP1287_640.jpg

IMGP1291_640_20121009231515.jpg
川の音を聞きながら歩いていきます

IMGP1294_640_20121009231515.jpg
内蔵助谷出合(分岐点)
この先、気の抜けない山歩きとなります

IMGP2025_640.jpg
ヘルメット着装で安全に

IMGP1297_640.jpg

IMGP1300_640.jpg

IMGP1303_640_20121009231538.jpg
道幅が狭くなってきました

IMGP1306_640.jpg

IMGP1307_640.jpg
振り返るとこの景色

IMGP1310_640.jpg
大きなスノーブリッジが残ってました

IMGP1312_640_20121009231604.jpg
岩の真ん中に水平方向に削れているのが歩いている道
真ん中に2人いるのが分かるかなぁ

IMGP1319_640.jpg

IMGP1320_640.jpg
芸術的に木材で組まれたハシゴ

IMGP1321_640.jpg
高感度抜群

IMGP1322_640.jpg

IMGP1325_640.jpg
このコースでのすれ違いはどちらかがすれ違いのできるところまで戻るしかありません

IMGP1327_640.jpg

IMGP1328_640_20121009231631.jpg
歩いてきた道
岩場の中腹が削られているのが分かります

IMGP1332_640.jpg

IMGP1333_640.jpg

IMGP1337_640.jpg

IMGP1342_640.jpg
頭より高いザックは岩に引っかかる確率が高いので注意です
ザックへの外付けもあまりしない方が無難です

IMGP1346_640_20121009231654.jpg

IMGP1352_640.jpg

IMGP1354_640_20121009231653.jpg
こんなところに足場を作ってくれて感謝×2です

IMGP1355_640.jpg

IMGP1356_640.jpg

IMGP1357_640.jpg

IMGP1360_640.jpg
下の廊下を歩くのに楽しみにしていた十字峡
黒部川本流に剱沢と棒小屋沢が流れ込みます
ここには広場がありこの景色は広場から少し下ったところから見たもの

IMGP1366_640.jpg
剱沢方向
上にかかる吊り橋を渡っていきます

IMGP1370_640.jpg
吊り橋の下が剱沢

IMGP1372_640.jpg
吊り橋から十字峡を見ると雰囲気が違います

IMGP1373_640.jpg

IMGP1378_640.jpg

IMGP1380_640.jpg
通路から足を踏み外すと・・・

IMGP1381_640_20121009231742.jpg

IMGP1385_640.jpg
S字峡
垂直な壁に緑が鮮やかでした

IMGP1389_640.jpg

IMGP1395_640_20121009231741.jpg

IMGP1396_640.jpg

IMGP1398_640.jpg
ここからどんどん下っていきます

IMGP1402_640.jpg

IMGP1407_640.jpg
東谷吊橋

IMGP1409_640.jpg
東谷吊橋を渡ると広場になっています
広場から先に進んでいきトンネルの中を歩いていきます

IMGP1410_640.jpg

IMGP1414_640_20121009231840.jpg
トンネルを抜けると仙人谷ダム
黒部ダム~仙人谷ダムまでは「旧日電歩道」と呼ばれ
この先、仙人谷ダム~欅平までは「水平歩道」と呼ばれています

IMGP1415_640.jpg

IMGP1417_640.jpg
仙人谷ダムの上を歩いていき管理所の中に入ります

IMGP1418_640.jpg

IMGP1422_640_20121009231838.jpg
管理所の中に入り右に進んでいくと旧日電歩道の看板

IMGP1424_640.jpg
秘密基地の通路を歩いているようでした

IMGP1430_640.jpg
この付近は高熱隧道(こうねつずいどう)
蒸し暑くすぐにレンズがくもってきます

高熱隧道とは、黒部第三発電所の水力発電所導水トンネルとそれに先立ち掘削完成させる軌道トンネルのことのこで、温度140℃(最高165℃)というダイナマイトの自然発火温度を超えた岩盤を相手に、熱水が噴き出してくる中を掘削した極めて難工事で完成したトンネルです
記録小説があるのですが内容は・・・とにかくすさまじいです

IMGP1438_640.jpg

IMGP1439_640.jpg

IMGP1441_640.jpg
この上りがきつかったぁ

IMGP1443_640.jpg

IMGP1448_640.jpg

IMGP1453_640.jpg
急降下します

IMGP1455_640.jpg

IMGP1456_640.jpg
阿曽原温泉小屋到着
黒部ダムから約7時間でした

IMGP1457_640_20121009231924.jpg
テントの受付をすませて寝床の確保
今回は久しぶりのステラリッジ2人用
平らでペグもきくし蛇口を捻れば水が出るしトイレは水洗、快適なテン場です

IMGP1458_640_20121009231923.jpg
15時30分頃のテン場状況
ここは露天風呂があり時間帯で男女が入れ替わります
男子の部になるまでテントの中でマッタリタイム

IMGP2032_640_20121009232021.jpg
露天風呂が男子の部になったのでお風呂に向かうことに
露天風呂まではテン場から5分くらい下ったところにあります

IMGP2038_640.jpg

IMGP2035_640.jpg
わかっていたけどお風呂は満員
湯船に浸かれない人が列をつくってました
この写真は30分くらい経って空いてきた頃
自分は待ちきれず芋の子を洗うように湯船に浸かってきました

IMGP2034_640.jpg
露天風呂の脇にある高熱隧道
自然のサウナです

IMGP2040_640.jpg
お風呂から帰ってくるとテン場は過密状態

IMGP2042_640.jpg
まだまだテントは増えそうです

IMGP2044_640.jpg
焼き豚とキムチ丼
超簡単な夕食だけどガッツリ食べれました

IMGP2047_640.jpg
デザート付

ラジオも入らずもちろん携帯は圏外
寝袋でゴロゴロしてるといつの間にか寝ちゃってました

夜中1時30分に目が覚めてしまい、せっかくなんでもう一度お風呂に入りに行くことにします
この時間は混浴時間
IMGP2048_640.jpg
貸切でした

IMGP2058_640.jpg
結局、誰も来ることもなく30分くらい浸かってました
テントに戻りポカポカのまま寝袋にもぐりこみ夢の中へ

下の廊下(二日目)に続く
関連記事
tag :
コメント:
こんにちは、下の廊下いいですね!

私もいつかは行ってみたいと思っていたので、写真を見ながらへ~こんなところかと
参考にさせてもらいました。

登山ガイドを見ても数少ない写真しか掲載されていないので、なかなかコースの雰囲気が
つかめなかったのですが、たかぼーさんの数々の写真でだいぶコースの感じがわかってき
ました。

通行できる時期が限られているので、今年はもう無理ですが、できるだけ近い将来行きたい
なとあらためて思いました。

続きも楽しみにしています。
[2012/10/11 15:07] | ほろよいりゅうじ #- | [edit]
話には聞いていましたが(行ったことはもちろんありません)すごそうな場所ですね
場所によっては大キレットより恐そう。体力も大分必要なようですね。落石とかなくてよかった
ですね。でもそういうコースだから後の露天風呂は本当によかったでしょうね
[2012/10/11 16:11] | ヨット #- | [edit]
おお、これが下の廊下なんですね。
登らない登山…。

といっても、ちょっと油断すると谷底へ落ちそうで、
緊張の持続が強いられそう。

そして、体も心も疲れたところに露天風呂。
リフレッシュされて2日目も元気に歩かれたのでしょうね。
続き、楽しみです。



私もいつか…と思っていますが、体力的に厳しいかなぁ。

[2012/10/11 22:05] | spearhead #GNpDnBoc | [edit]
そうですか・・ずいぶん混んでいますね。
そこが想像と違っていました。

いつか行きたいと思いながら、20年以上、憧れたまま、行けていません。
羨ましいですね。
昨年は地震の事故もあり、まだ復旧していないと思っていました。

最近の山ブーム、ちょっと違和感あるので、行く山を考えようかと思っていますが。。。。
[2012/10/12 03:01] | devilman #- | [edit]
先ずは無事に帰って来られたようで安心しました深夜の露天風呂は期待外れっだったのかなぁ?
心なしかおおのさんのお顔が丸くなった気がするのは気のせいでしょうか・・
[2012/10/13 13:29] | ぽむ #jRPIUMCc | [edit]
落ち着いた様で、山歩き再開ですね!
最近僕はゴルフにハマってますよ。違う意味で山歩き(^^;;
また会う日を楽しみにしております。
[2012/10/14 00:22] | コマツ #- | [edit]
ほろよいりゅうじ さん

遅くなりました・・・。
タイミングが合って下の廊下を歩いて来れました
私も行く前はガイド本やいろんな方のブログを拝見し予習していきました
景色や雰囲気は・・・最高ですよ♪
とても大満足な山業となりました
[2012/10/18 23:30] | おおのたかぼー #- | [edit]
ヨット さん

遅くなりました・・・。
大自然のど真ん中って感じですばらしいところでした
大キレットのような上り下りはないですが高感度は確かにありますね
小屋まで約8時間は行動しなければならないので体力もそれなりに必要です
落石がなくてよかったです
(去年の震災の時には亡くなられた方もいましたから)
露天風呂は満員御礼だったけどとても気持ちよくてポカポカになりました

[2012/10/18 23:34] | おおのたかぼー #- | [edit]
spearhead さん

遅くなりました・・・。
ピークを踏まない山歩きでした
ザックを引っ掛けたり躓いてバランスを崩して転落したものならシャレにならない高さなので緊張はしてましたね

露天風呂、最高ですよ♪
行動時間は長いですが上りがほとんどないので体力的には思っていたより厳しくはありませんでした

[2012/10/18 23:39] | おおのたかぼー #- | [edit]
devilman さん

三連休だったので混んでいるのは覚悟していました
小屋の方の話だと自分が泊まった土曜日より、次の日の日曜日の方が宿泊者が多くなるとの事でした
仙人池の方から来られる方がいるからだそうです

大自然の中を歩いてる感覚はすばらしいものでした
体力的にも思っていたより厳しくはなかったし、いいところでした
去年の震災の影響、事故があったので今年の状況は阿曽原温泉小屋のHPで随時確認してました

確かに山ブーム・・・感じます
とはいえ私もそのブームの頃、山を初めたので偉そうなことは言えませんが・・・。
[2012/10/18 23:49] | おおのたかぼー #- | [edit]
ぽむ さん

無事に帰って来れましたよ
深夜の露天風呂、混浴を期待して・・・なんて思ってませんでしたよw
顔が丸くなったのは気のせいかも
こっちにきて体重が3kgちょっと減りました
ダイエットしてる訳ではないんですけどね
[2012/10/18 23:52] | おおのたかぼー #- | [edit]
こまっちゃん

少し落ち着きました
まだまだやることはあるんですけどね

違う山歩き、健康的ですね
こちらこそまた会っていろいろと・・・連絡しますね♪
[2012/10/18 23:54] | おおのたかぼー #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://takachann.blog.fc2.com/tb.php/96-c0e7c630

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。