スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

岩古谷山~平山明神山~大鈴山~鹿島山

2012-07-29
2012年 7月28日
IMGP19101_640.jpg
週末天気がよかったのでお山歩きに行ってきました
久しぶり?に晴れた日に山歩きできそうなので『山と渓谷社 愛知県の山』でお山探し
「一度に3つの山に登るぜいたくなルート」と掲載されている
平山明神山(970m)・大鈴山(1011.5m)・鹿島山(912m)を歩きに行くことにします

IMGP0622_640.jpg
愛知県設楽町の和市(わいち)登山口
駐車場は10台くらい駐車できそう
一番乗りでした

IMGP0623_640.jpg
駐車場脇の登山口から上りはじめます
このルートは途中まで東海自然歩道で整備されています

IMGP0625_640_20120729091401.jpg
途中にトイレがありました

IMGP0628_640.jpg

IMGP0632_640.jpg
整備されていて歩きやすい
道の真ん中に1mくらいのへびが居座っていたり
アブが飛び回っていたり
クモの巣トラップがはられていたりしてましたが

IMGP0648_640.jpg
しばらく上っていくとジグザグ道の曲がりごとに一曲がりからスタートする番号がつけられています
十三曲がりまであってここは最後の曲がり

IMGP0671_640.jpg
上りきると堤石峠の分岐点
田口方向は今上ってきた方向
黒倉集落?地図に載っていないんで岩古谷山方向へ
(ここの分岐点で間違えちゃったんですが・・・。)

IMGP0652_640.jpg

IMGP0653_640.jpg
天気がよくて嬉しいけど暑い

IMGP0655_640.jpg
どぉ~んと岩古谷山の東壁があらわれます

IMGP0657_640.jpg

IMGP0659_640.jpg
結構急な上り
ステップが切ってあって手すりもあるんで慌てなければ大丈夫だけど下りは山側を向いて下りてこないと危険
山頂付近は東海自然歩道の三大難所のひとつらしい

IMGP0664_640.jpg

IMGP0665_640.jpg
山頂に向かって眺めのいいところを歩いていきます

IMGP1906_640.jpg
本日一つ目の山頂、岩古谷山(799m)
証拠写真も撮って次に向かうのに道標を見ると今回歩こうとしている山の名前がありません
持ってきた簡易地図と道標に書かれている山の名前を見てみると・・・今いる岩古谷山は上る予定じゃなかった山でした
堤石峠の分岐で間違えました
黒倉集落の方向に行かなきゃダメでした

堤石峠の分岐まで戻ります

IMGP0669_640.jpg
正面のモコッとした山が平山明神山
逆方向の山に上ってました

IMGP0674_640.jpg
黒倉集落方向へ向かいます
堤石峠から黒倉集落方向へは東海自然歩道を離れ通常の登山道

IMGP0675_640.jpg
こういう岩を登ったり

IMGP0676_640.jpg
ちょっとした岩場のトラバースがあったり

IMGP0677_640.jpg
岩場登りがあります

IMGP0679_640.jpg
20mではないんですね

IMGP0682_640.jpg
天気はいいけどとにかく暑い
本格的な登山道になってしばらく歩いているといつもとは違う疲れかたをします
体が重いし上りですぐバテる
体温が高いのもわかるし水分をたくさんとってしまう

・・・熱中症??

水分をとるペースが早くて上りではすぐ休憩してしまう
風が通らないところだと蒸し暑くて体温は下がらないし『もしかしてピンチ?』と思っちゃいました
でも風の通るところで休憩すると少し復活するので少しづつ歩いていくことにします

IMGP0685_640.jpg

IMGP0688_640.jpg
登山道には各所に赤テープが貼られているけど、ところどころ??っというようなところに貼られていて迷うところもありました
ここも赤テープを目安に歩いてくるとこんな場所
下までそこそこの落差なんです
周りを見渡したけど他に赤テープも見つけられないし結局ここを下りました
(途中滑って土まみれになりましたが・・・。)
下りてみると尾根上に登山道が・・・。
尾根に上り返してみると強引に下りたところとは別に赤テープが貼られていました

IMGP0690_640.jpg
カニのヨコバイっぽいところもあります

IMGP0693_640.jpg
水分は水でなくスポーツ飲料を半分の濃さに薄めたものをもっていったけど1リットル近く消費してます
残りの水は昼食用に持っていった水1リットル
水分補給の配分が心配になってきました

IMGP0696_640.jpg
岩場を上るのは楽しいけど今日はすぐバテちゃうんで勘弁してください

IMGP0698_640.jpg
上りはホントきつかったぁ

IMGP0699_640_20120729091544.jpg
ようやく平山明神山、大鈴山への分岐点
かなり時間がかかりました
少し休憩して平山明神山をピストンします

IMGP0700_640_20120729091544.jpg

IMGP0702_640_20120729091611.jpg
後ろからすごい勢いで近づいてくる気配がしたのでトレランの人かな?なんて思って道を譲ったら年配のおじちゃんでした
トレランナー?
あっという間に見えなくなりました・・・。

IMGP0704_640.jpg

IMGP0705_640.jpg
この先がリッジ状に両側切れてます
こちら側からだとあまり気になりませんでした

IMGP1907_640.jpg
ようやく平山明神山到着
遠かったぁ・・・。
山頂に来る途中、西の覗き、東の覗きと名前のついた眺めのいい場所があります

IMGP1909_640.jpg
東の覗きから見える風景は・・・

IMGP0711_640.jpg
こんな感じ

IMGP1913_640.jpg
西の覗きから見える風景は・・・

IMGP0715_640.jpg
こんな感じ
平山明神山着いたら昼食にしようと思っていたけど食欲があまりないので大鈴山まで向かうことにします

IMGP0719_640_20120729091609.jpg
分岐点まで戻るのにリッジ状のところ

IMGP0720_640_20120729091637.jpg
風がなかったので容易に歩けました

IMGP0721_640_20120729091636.jpg
天気はいいのに体調が悪くて残念・・・。

IMGP0722_640.jpg
分岐点まで戻って大鈴山を目指します

IMGP0723_640_20120729091635.jpg

IMGP0724_640.jpg

IMGP0725_640.jpg
上りがなければ普段通り歩けるけど

IMGP0727_640.jpg
上りになると急激にペースダウン
体温を上げないようゆっくりと上ります

IMGP0729_640_20120729091707.jpg

IMGP0730_640_20120729091706.jpg
上りで何度も水分補給
スポーツ飲料を飲み干してしまって昼食用の水を飲むことに
その水も残りが怪しくなってきて昼食用に水を残さないで全て飲用にすることにします

IMGP0732_640.jpg
大鈴山、鹿島山への分岐点
少し休憩して大鈴山をピストンします

IMGP0733_640_20120729091705.jpg
天気予報は午後から曇り
日差しが弱くなってきました

IMGP0736_640_20120729091705.jpg
味気ない大鈴山山頂到着

IMGP1915_640.jpg
証拠写真
虫が多いし蒸し暑いんで昼食は鹿島山で食べることに
分岐点まで戻ります

IMGP0739_640_20120729091733.jpg
分岐点から鹿島山へ向かいます
標高的に上りは少ないはず・・・と自分に言い聞かせます

IMGP0741_640_20120729091733.jpg

IMGP0744_640_20120729091733.jpg

IMGP0747_640_20120729091732.jpg
曇ってきたので少し過ごしやすくなってきました
上りも少し頑張れます

IMGP0750_640.jpg
和市登山口、鹿島山への分岐点
鹿島山はすぐそこ

IMGP0749_640_20120729091732.jpg
鹿島山到着
上りが少なかったので思ったより時間はかかりませんでした

IMGP1920_640.jpg
証拠写真
ここも風が通らなくて蒸し暑いんで昼食どころではありませんでした

目的の山は全て歩いてきてここから先は下るだけ
この先、東海自然歩道とも合流するんで昼食はもう少し我慢することに

IMGP0752_640_20120729091755.jpg

IMGP0756_640_20120729091755.jpg
上るに比べれば下りなので楽チン

IMGP0761_640.jpg

IMGP0764_640_20120729091754.jpg
台風の影響かな?大木がところどころ根こそぎ倒れてました

IMGP0765_640_20120729091754.jpg

IMGP0767_640.jpg
登山道から下りてきて林道と合流します
ここは大鈴山、鹿島山への登山口
すぐ近くに池葉守護神社があるんで行ってみることに

神社をお参りしてると突然の雨
絶対降られますね、今年は・・・
ここまできて雨の中歩くのも悔しいので境内の屋根下に逃げ込んでしばらく様子を見ることに
せっかくなので昼食にしました

IMGP1922_640.jpg
昼食の準備をする前のお楽しみ
水の量が少ないとき何度飲もうとしたことか
唯一、冷たいものだったので休憩のときに首の周りを冷やして体を冷やしてました

IMGP1926_640.jpg
境内をお借りして失礼してます

IMGP1931_640.jpg
そば汁はそのまま持っていったので水は必要なし
食欲はあまりなかったけどそばなので食べれました

2012-07-28 15.13.17
フルーツも食べて水分補給
雨はスコールっぽくてすぐに止みました

お腹もよくなったし駐車場に向かいます

IMGP0774_640.jpg
林道を少し下ると分岐点
左方向の休憩所方面へ下っていきます

IMGP0776_640_20120729091834.jpg
ここからは東海自然歩道と合流します
テーブル・イスがあって休憩できるスペースに水がぁ
でも飲用可能?と微妙だったのでタオルを濡らすだけにしました
冷たくて気持ちよかったぁ

IMGP0777_640.jpg
整備されたところを下っていきます

IMGP0778_640_20120729091833.jpg

IMGP0783_640_20120729091832.jpg
ポツ~ン
車を見るとホッとします

IMGP0784_640_20120729091832.jpg
長かったけどもうすぐ山歩きも終わり

IMGP0785_640.jpg
歩いてきた平山明神山
一番最初に来て一番最後に帰る山歩きでしたね
服は汗だく、お風呂に入りたいけど水分補給が先
ともかく車を走らせます

IMGP0788_640.jpg
帰る途中にあった交通安全の水
(由来はわからないんですが・・・。)
お地蔵さんにいただきますを言ってたっぷり水分補給
冷たくて美味しかったぁ

帰り道、前に歩いた鞍掛山をバックに見る四谷の千枚田の田んぼが綺麗な時期かなぁってことで寄り道することに

IMGP1935_640.jpg
途中、またもやスコール

IMGP0794_640_20120729091855.jpg
四谷の千枚田とバックに鞍掛山
田んぼの緑がとても綺麗で千枚田に栄えてました

IMGP1936_640_20120729091926.jpg
車のクーラーで服の汗は乾いてしまって途中のお風呂はよくなってしまいました
でも服は乾いても匂いは・・・なのでお風呂に向かいます
といってもここは近所に最近できたお風呂屋さん
(かなりローカルな情報ですが・・・。)
すぐそこの家に帰ってシャワーでも浴びればいいだけど、せっかくなんで寄ってきました
入浴料は650円で種類の違った内湯、露天風呂もあってお得でした


今回は3つの山のつもりが4つの山になったり、まさかの熱中症(だと思うけど)になったりといろいろありました
水もスポーツ飲料1リットルと水1リットルを持っていったけど足りなかったし
(熱中症で水分をとりすぎたのもあるけど)
熱中症の症状は去年の北アでも一度経験あり
原因は?なんだけど暑さに対して気をつけなければ
いい天気過ぎて体がビックリしちゃったのかも

低山、勉強になります
(八とか歩くよりも全然きつく感じるのは自分だけ?)

今回のような天候が遠征しての山歩きとタイミングが合いませんね、今年は
あきらめずにまた妄想の毎日を過ごします

山さん遊ばせてくれてありがとう



コースタイムを大幅にオーバーしてました


関連記事
tag :
コメント:
こんばんは

ご無沙汰しています。
この平瀬明神&岩古谷、昨年の初冬に行きました
懐かしくなって一気読みしてしまいました。
夏はこんな感じなんですね。
ここはご飯を食べるポイントが無いのがネックですね・・
鈍足の私は岩古谷から入って平山明神に抜けるので精一杯、
大鈴・鹿島までは行けませんでしたが、
ぐるりと回ってしまうなんで、たかぼーさんさすがです。

[2012/08/05 00:41] | Miki@明けの明星 #- | [edit]
Mikiさん

こんばんわ
ご無沙汰です
夏は全般的に蒸し暑いところでした
まさかのプチ熱中症でした・・・。
ご飯を食べるいいところがなかったんでゴール間際で食べるはめになっちゃいました
今回は暑さにやられてバテバテノロノロ
なんとか回ってこれてよかったです
岩古谷山は予定外だったんですけどね
[2012/08/05 20:21] | おおのたかぼー #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://takachann.blog.fc2.com/tb.php/89-bcbb3031

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。