スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

北八ヶ岳縦走 一日目(後半)

2012-07-06
2012年 6月30日
IMGP9904_640.jpg
北八ヶ岳の縦走はまだ半分もきていません
双子池から亀甲池を経由して北横岳を目指します
IMGP9906_640.jpg

IMGP9907_640.jpg

IMGP9908_640.jpg
どこを見ても苔、苔、苔

IMGP9909_640.jpg
少しひんやりとした場所があって自然のクーラー気持ちよかった

IMGP9911_640.jpg
苔に癒されながら歩いていくと亀甲池到着

IMGP9912_640.jpg
静かな少し怪しげなところでした
亀甲池を通り過ぎ北横岳を目指します

IMGP9915_640.jpg

IMGP9917_640.jpg
今回の山行でなぜか一番疲れた上り
寝不足のピークだったのかも
北横岳ヒュッテまで撮影したのはこの一枚のみ
写真を撮る元気もなく上るのに必死でした

IMGP1773_640_20120706011955.jpg
たどり着いて嬉しかった北横岳山頂
山頂にたくさん人がいるナァなんて思っていたらロープウェイ経由できた人達でした
亀甲池から歩いてきたのはもちろん自分だけ

IMGP9918_640.jpg
山頂から北横岳ヒュッテまではすぐ近く
どら焼きで糖分補給

ここから坪庭に下っていきます
IMGP9920_640.jpg

IMGP9921_640.jpg
ロープウェイで山頂駅まできて北横岳を目指す登山者、坪庭を歩く観光客の人達でたくさんの人でした

IMGP9922_640.jpg
坪庭から縞枯山荘に向かいます
少し曇ってきて蒸し暑くなってきました

IMGP9924_640.jpg
坪庭から歩いてすぐの縞枯山荘
ここはスルーしました

IMGP9925_640.jpg
縞枯山に向かいます
足を踏み外さないように注意

IMGP9926_640.jpg

IMGP9927_640.jpg
縞枯山への上り
同じルートを歩いている人はいないので静かな山歩きです

IMGP9929_640.jpg

IMGP9930_640.jpg
上りきって稜線を歩いていきます

IMGP1775_640.jpg
縞枯山山頂

IMGP1776_640.jpg
で、少し歩いていくと茶臼山
麦草峠の方から団体さんがたくさん上ってきます

IMGP9931_640.jpg
軽く100人近く、もっといたかナァ
なかなか下っていけませんでした

IMGP9932_640.jpg
麦草ヒュッテ目指して下っていきます

IMGP9933_640.jpg
麦草ヒュッテに行くのにメルヘン街道を横切ります

IMGP9934_640.jpg
麦草ヒュッテ到着
少し遅いお昼を食べます

麦草ヒュッテは今回、リタイアを考えたところ
頭痛が酷くてしばらく座ったままでした
微妙な天候だと気圧?の影響で頭痛がおきるんです
今回はそれに寝不足がプラスされていたんでしょうが・・・。
一般道はすぐそこだしタクシーを呼んでエスケープしようと思いました


鎮痛剤がきいてくれてだいぶ楽になりもう少し先に進むことにします

IMGP9936_640.jpg

IMGP9937_640.jpg

IMGP9938_640.jpg
頭痛も治まって周りを見れる余裕がでてきました
この辺も苔が綺麗だったナァ
蓼科山から歩いてきて気づいたのはエリアで苔の種類が違っていて苔の隙間からでてる植物の種類が違うこと
ずっと歩いてこないとこの変化に気づかないので得した気分

IMGP1779_640.jpg
丸山到着
ここからどんどん下っていきます

IMGP9945_640.jpg
高見石小屋到着
高見石に上って白駒池を見に行きます

IMGP9946_640.jpg
当たり前だけど池でした

IMGP6535_640_20120706012904.jpg
去年の冬に来た時には一面凍結

IMGP6561_640_20120706012904.jpg
池の上でお昼を食べたナァ
少し懐かしく思い出し高見石を後にします

IMGP9949_640.jpg
黒百合ヒュッテへ向けて最後の頑張りどころ

IMGP9955_640.jpg
途中の展望台から蓼科山を見ます
あんなに遠くから歩いてきました

IMGP1780_640_20120706011953.jpg
中山を通過
目が眠そうですが
中山周辺は冬に歩いたことのあるところ
無積雪に歩くのは初めてだけど少し安心な気持ち

IMGP9957_640.jpg
中山峠の手前で天狗岳が見渡せます
この時は雲で隠れちゃったけど岩、岩しててカッコよかったぁ

IMGP9961_640.jpg
無積雪の天狗岳が見れてワクワクします

IMGP9964_640.jpg
16時20分過ぎ、黒百合ヒュッテ到着
約13時間、なんとか歩いてこれました
一番搾りに興味深々でしたが頭痛の再発が恐かったのでコーラで乾杯

IMGP9966_640.jpg
テン場はいっぱい

IMGP9969_640.jpg
今回の我が家
自立するツエルト(ULドームシェルター:モンベル)を持ってきました
約780g、軽いです
今回の荷物、極力軽く努力しました
シュラフもモンベルの#5相当のもの+シュラフカバー
ダウンの上下を着て寝たけど快適でした

ツエルトの中は結露はするけどどうせ寝るだけなので気になりません
(ちょくちょく拭いてはいましたが)
天候が悪ければ小屋に泊まろうと割り切って持って行きました

IMGP1783_640.jpg
水は小屋でタンクに入った水を無料でわけてもらえました
軽さを重視してインスタントばかり
美味しいからいいんですけど


夕飯も食べ終わってしばらくはラジオがお友達
明日の天候は崩れる予報

明日、南八ヶ岳縦走に向けて遅くても朝3時には出発したい
天候が悪かったときのエスケープも確認しつつ地図を見ながらシュラフに潜ってマッタリと予習、イメトレをします


・・・シュラフに潜ったら最後
溶けるように寝てしまうには時間はかかりませんでした・・・。

『北八ヶ岳縦走 二日目』に続く


関連記事
tag :
コメント:
たかぼーさん今晩は!

苔の緑がとてもきれいですね、今の季節に歩いてみたくなります。
八ヶ岳に最後に訪れたのが3年前の10月20日過ぎに山小屋1泊で
美濃戸口~行者小屋~文三郎尾根~赤岳~横岳~硫黄岳~オーレン小屋(泊)~
東天狗~高見石~白駒池往復~渋の湯のコースでしたが、前夜に茅野駅で仮眠(駅員に
ことわってから)したのですが、最終電車が出てから暖房が切られ、思いのほか寒く
睡眠不足も手伝って風邪をひいてしまい、何とか好天のもと山歩きは終了したのですが、
その後数日体調不良に陥ったことを思い出します。東天狗の手前、根石岳の付近で
ご来光を拝んだのですが、寒さと風邪で振るえが止まらず、鼻水たらたらでした。

空気の澄んだ秋の山も良かったのですが、今の季節もいいものだなと思います。


[2012/07/07 22:41] | ほろよいりゅうじ #- | [edit]
ほろよいりゅうじさん

梅雨時期の合間の晴れた日でしたが苔、綺麗でした
梅雨時も雨が降っていれば生き生きしているし、見飽きないですね

3年前の八ヶ岳、結構歩かれたんですね
私もそうでしたが寝不足とかで行くと体調崩しやすいですよね
根石岳付近でのご来光、綺麗だったんでしょうが寒気、鼻水たらたらだとそれどころではなかったんでしょうか
りゅうじさん、いろんな経験されてるんですね

今の季節、雨に振られるのはあたり前だと思って割り切って行けばまた違った山の姿に出会えます
しっとりした草木、苔、癒されます
とはいえ、早く梅雨明けしないかなぁ・・・。
[2012/07/08 21:29] | おおのたかぼー #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://takachann.blog.fc2.com/tb.php/85-e411a5ac

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。