スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

雨の八ヶ岳(編笠山・西岳)

2012-06-17
2012年 6月 16日~ 17日
IMGP1577_640.jpg
観音平より編笠山(南八ヶ岳)を目指しました
IMGP1555_640.jpg
観音平の駐車場に深夜に到着し仮眠すること4時間

朝食を済ませてグリーンロッジのトイレを借りようと探したけど形跡なし
おかしいと思って携帯で調べてみるとどうも建物は解体されて現在はないらいしい

仕方なく来る途中にあった道の駅 こぶちさわまで戻ってトイレを済ませました
観音平にトイレはないので注意です

登山口の入口にポストあり
登山計画書を出して編笠山を目指します
小雨が降ってるけどだんだん悪くなる予報

IMGP1557_640.jpg

IMGP1560_640.jpg

IMGP1562_640.jpg
雨に濡れて緑が綺麗

IMGP1563_640.jpg

IMGP1564_640.jpg
一時間も歩けば雲海到着
雲海なんて見えるわけもなく真っ白な世界

IMGP1567_640.jpg

IMGP1568_640_20120617193712.jpg

IMGP1573_640.jpg

IMGP1575_640.jpg
上るにつれて石がだんだん大きくなってきます
苔もだんだんむしてきました

IMGP1578_640.jpg
押手川の分岐
編笠山を経由して青年小屋に向かうルートと青年小屋に編笠山を巻いていくルートの分岐です
今日は編笠山→青年小屋→西岳の予定なので編笠山山頂方向へ

IMGP1579_640.jpg
この辺は一面、水が流れているせいか苔がむしまくってます
(タイトルの写真もこの辺です)

IMGP1581_640.jpg
編笠山山頂に向けて石から岩に
雨に濡れてるんで足元注意

IMGP1584_640.jpg

IMGP1590_640.jpg

IMGP1593_640.jpg
ところどころ岩登りです

IMGP1594_640.jpg
この梯子を上って少し行くと

IMGP1595_640.jpg

IMGP1596_640.jpg
この手作り看板
本当にホント

疑いながら上っていくと
IMGP1600_640.jpg
ホントでした

IMGP1603_640.jpg
証拠写真

IMGP1604_640.jpg
もちろん周りは何も見えません
風も強いので青年小屋を目指します

IMGP1607_640.jpg
後ろ髪を引かれながら下りてきます

IMGP1606_640.jpg

IMGP1608_640.jpg
青年小屋まで下るだけ

IMGP1609_640.jpg
登山道の脇には残雪
編笠山までは軽アイゼンは必要ありませんでした

IMGP1611_640_20120617193825.jpg
小さな花に目を奪われながらボチボチ下っていきます

IMGP1618_640.jpg
下りきると一面岩
先が全然見えません

岩から岩に飛び移りながら下っていくと
IMGP1620_640.jpg
見えてきました

IMGP1623_640.jpg
『遠い飲み屋』の赤提灯でお馴染みの青年小屋到着
テントの受付を済ませて宿の設営

IMGP1631_640.jpg
周りには大きなテントがたくさん
大学のサークルだと思われるグループでワイワイ ガヤガヤ キャッキャッ
なるべく遠くに設営したけどあまり変わらず

騒いでいるのはしょうがないとしてまずは昼食の準備
水の確保をするのに水場に向かいます
水場まで4分の看板
ぬかるんだ道を歩いていくと
IMGP1625_640.jpg
乙女ノ水
冷え冷えで美味しい水です

IMGP1628_640.jpg
昼食のチキンラーメン+トマトソース煮込み
美味しくいただきました

昼食を食べ終わった頃には雨は止んでました
時間も全然あるんで西岳に向かいます
IMGP1633_640.jpg
西岳へは水場の方へ歩いていき、さらに奥へ進んでいきます
荷物がいっきに軽くなったんで楽チン

IMGP1634_640.jpg

IMGP1635_640_20120617193917.jpg

IMGP1637_640.jpg

IMGP1638_640_20120617193915.jpg
八ヶ岳で苔がむしてるところって北八ヶ岳が主だと思っていたけど全然違ってました
たくさん苔がむしててとても綺麗

IMGP1639_640.jpg
登山道は急な上り下りもないんで快適に歩けます

IMGP1643_640.jpg
緑だけでなく違った色にも出会えます

IMGP1646_640.jpg
証拠写真

IMGP1652_640.jpg

IMGP1653_640.jpg
もちろん何も見えません

IMGP1655_640.jpg

IMGP1656_640.jpg
青年小屋から西岳への道はお勧めですね
『八ヶ岳』って感じ

IMGP1658_640.jpg
近くで見ると面白いです
テン場までもう少しってところで雨が降ってきました

IMGP1663_640.jpg
テントに戻ってきた頃にはどしゃ降りに

IMGP1665_640.jpg
もうグチャグチャ ビシャビシャ

乾いた服に着替えてマッタリタイム


周りのテントからは

『乾杯~!』

『・・・ゲーム! 頑張るぞぉ!・・・』

『私の彼氏は・・・』

『寒い・・・頭痛い・・・』

『・・・の講義は・・・マジでぇ・・・』

などなど聞きたくないのに聞こえてきます


ラジオにお友達になってもらってしばし仮眠することに


『11合なんて炊いたことないし・・・』

『水の量は・・・』

の声で起こされました

こっちも負けじと夕飯の準備を始めます
IMGP1672_640.jpg
今回は時間に余裕があると思っていたのでメスティンで米を炊くことに

IMGP1675_640.jpg
今日のメインは回鍋肉

IMGP1682_640.jpg
ご飯は少し固めだったけど美味しく炊けました
お腹いっぱい大満足の夕食でした

周りのにぎやかだったテントも8時には静かに
さすが山やです

夜はさすがに寒く、薄手のフリースに薄手のダウンを着てシュラフはモンベルの#3でちょうどいい感じ
フライをたたく雨音を聞きながら時折吹く風にテントが揺らされていい具合に夢の世界へ・・・。


IMGP1690_640.jpg
4時過ぎに目が覚めるとフライをたたく雨音は変わらず
風も吹いてます
今日は天候がよければ権現岳に向かう予定だったけどもうしばらく様子を見ることに
朝食の準備をします
朝から五目焼きそば

今日の朝の心配事は権現岳に上れるかどうかのほかにもう一つあってトイレ事情
テントの人は外にあるバイオトイレが使えるけど一つだけ
あの人数がいるとトイレ渋滞は必死だと思ってました

トイレに行くのに外に出てみると
IMGP1692_640.jpg
団体さん達は撤収してました
そういえば寝る前に周りのテントから
『2時30分に起きる!』
なんて聞こえてました
山やグループさすがです

IMGP1693_640_20120617194035.jpg
渋滞することもなくトイレを済ませました
トイペは常備されてます

天候は微妙で雨は降ったり止んだり、風は少し吹いてます
ラジオの天気予報だと午前中は荒れ気味、午後から回復するみたい
権現岳に登って下山開始の目安が午前中だったので下山することにしました
濡れた足場で稜線を歩いてて風に吹かれるのは恐いですからね

風にあおられながらテントを撤収します
テントはビショビショ、ドロドロ

IMGP1695_640.jpg
青年小屋の前から編笠山方向を見ても真っ白
観音平へ巻き道で帰ります

IMGP1697_640.jpg
石渡は滑りやすいので要注意

IMGP1700_640_20120617194032.jpg

IMGP1701_640.jpg
巻き道も苔が綺麗です

IMGP1703_640.jpg
雨が降るとこんな感じ
登山道はプール状態

IMGP1704_640.jpg

IMGP1706_640.jpg
レンズの滴も拭ききれなくなってきました
(滴を拭くタオルもビショビショで・・・。)

IMGP1709_640.jpg
ビショビショ

IMGP1710_640.jpg
押手川分岐周辺

IMGP1714_640.jpg
川の水嵩が増してるんで川を渡るのに注意
水も溢れてるんで足元要注意です

IMGP1715_640.jpg
気を抜かないで下っていきます

IMGP1717_640.jpg
綺麗に撮ってあげられません

IMGP1720_640.jpg
だいぶ下ってきました

観音平に近づくにつれて雨は止んでいきます
登ってくる登山者ともすれ違います
カラフルな登山ウェアを着た人達に対してこっちはレインウェア、ビショビショ グシャグシャ ドロドロ
どう見られていたのか・・・。

IMGP1724_640.jpg
もうすぐ観音平
今回の山行も終わり

IMGP1729_640.jpg
8時40分には駐車場はいっぱいで路駐してる車も

IMGP1730_640.jpg
お疲れ様でした
この頃には雲の切れ間から日差しが

早く濡れた服を着替えたくてお風呂に向かいます

IMGP1732_640.jpg
お風呂に向かう途中・・・見渡せます
天気なんてこんなもんです

IMGP1735_640.jpg
道の駅 こぶちさわの敷地内にある『延命の湯』
お風呂は10時からとのことなので1時間待ち

IMGP1737_640.jpg
足湯があったんで浸かりながらスマホでブログアップ中

お風呂は露天風呂もあって気持ちよかったぁ
ビショビショ グシャグシャから解放されてサッパリ

IMGP1738_640.jpg
帰りの中央道 八ヶ岳PAで昼食
野菜たっぷりの清里カレー、美味しかった

八ヶ岳PA付近で八ヶ岳の山々が見えました
山にいるときは真っ白な世界しか見えなかったのに・・・また来るもん

中央道から中部横断自動車道 増穂ICで下りて52号線で静岡方向へ
52号線は新東名の新清水ICと連絡しているんで新東名の新清水JCTで東名高速道路に連絡できるので少し便利になりました
(行きは新東名の末端まで行ってみたくて御殿場まで行き東富士五湖道路から中央道に連絡したけどかなり遠回りでした


週末、天候が悪いのは分かっていたけど八ヶ岳に行ってきました
編笠山までは危険な箇所はないと思っていたし青年小屋も遠い場所でないので雨に降られてもいいかなぁと思ってましたから
権現岳はあわよくば登れればいいと思っていたけどやっぱり無理でした
観音平に着いた頃には天候は良くなってきたけど風はどうかなって感じです
また別の機会に狙います

今回、終日雨だったので防水コンデジが大活躍でした
デジイチも持っていったけどザックの中で出番なし
今回ばかりはただのウェイトでした


八ヶ岳は苔がむしてて綺麗なのは知ってるけど北八ヶ岳がメインだと思ってました
今回のルート、綺麗な苔群が見れて大満足です
青年小屋~西岳の登山道、青年小屋への巻き道の周辺は綺麗でしたね
押手川周辺も苔群が一面見れます
コンデジで綺麗に撮ってあげられなかったけどたくさん目に焼き付けてきました


雨の八ヶ岳、濡れた苔が生き生きしてるのが見れていいもんでした
今度はコマクサを見に来たいかも
(できれば天気のいい時に

八ヶ岳いいところです

山さん遊ばせてくれてありがとう



関連記事
tag :
コメント:
まさしく、お疲れ様です。
ホント、びしょびしょですね。
編笠への登り、あんなに岩だらけの感じは、雪のある時にはしませんでした。
下りもポンポン下ってこられましたが、雪のおかげですね。

雰囲気のわかる写真、ありがとうございました。
近々計画してみます。
[2012/06/17 23:57] | devilman #- | [edit]
グリーンロッジ無くなってるんですか?!
重要な情報ありがとうございます。

さすが、たかぼーさん。雨でも行きますねぇ~。
山は今が春ですね。新緑・苔の黄緑色が綺麗☆
我が家は、次の土日に山予定。
雨でも行くかぁ~?(^^♪
[2012/06/18 01:03] | あゆみ工房 #- | [edit]
devilman さん

ご返事遅くなりました
パンツまで・・・でしたw
岩だらけのところは難しくはないんですが今回みたいに雨が降ると少し危険ですね

思ってた以上にいいところでした
山レポ楽しみにしてますねww
[2012/06/21 00:06] | おおのたかぼー #- | [edit]
あゆみ工房さん

ご返事遅くなりました
グリーンロッジなくなってるんです
山と高原地図の2010年度版では載ってたんですが帰ってきて本屋さんで2012年度版を見てみると載ってませんでした
予習不足です(泣

今回は雨でも行くつもりでした
行動時間も長くないし青年小屋往復でもいいやって思っていたんで
新緑・苔、綺麗でしたよ♪
週末、山予定ですか!
天気は大丈夫そうかなぁ?
天気が悪くても違った一面が見れていいもんですよw

[2012/06/21 00:13] | おおのたかぼー #- | [edit]
このコメントは管理者の承認待ちです
[2012/06/24 22:24] | # | [edit]
今晩は、あらためて記事を見直したのですが・・・またまた、懐かし~い
と思って見ています。

青年小屋に泊まったのは・・・結婚前なので・・30年くらい前になりますね。
小屋の人(かなり年配の方が、一升瓶のどぶろく・にごり酒)を持って来て、飲んで
下さいといって私たちのグループのところへ来て、しばし楽しいお話をしながら時を
過ごしたのを思い出しました。

その日は夕食後、小屋の近くで盛大にキャンプファイヤーのような火を囲んで、
フォークダンスのような踊り?と歌を大勢の人と歌いながら過ごしたのを覚えています。

翌日、編笠山を越えて小淵沢駅に向かう途中の、畑でもぎたてのとうもろこしを焼いてもらって
食べながら駅まで歩いたのですが、あれほどおいしい、とうもろこしには以後巡り合ってません

たかぼーさんの記事をみて、その時のことがありありとよもがえってきました。



[2012/06/29 21:48] | ほろよいりゅうじ です! #- | [edit]
ほろよいりゅうじ さん

青年小屋に30年くらい前に泊まったって事はその頃からあったんですね
最近テント泊ばかりなので小屋でのそういったお話を聞くと小屋泊まりに心揺らいじゃいます
山やって感じの温かい雰囲気がコメントで感じられます

キャンプファイヤーにフォークダンスって小学校のキャンプみたいで楽しそう♪
とうもろこし、いいですねぇ
今じゃぁそんなことないですよね

こうやっていろんな経験をして楽しい思い出がよみがえってくるりゅうじさんが羨ましい!
私も山を続けていればそういった経験をすることができるかなぁ
[2012/07/02 22:45] | おおのたかぼー #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://takachann.blog.fc2.com/tb.php/81-72a046f6

[2012/06/20 15:16]
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。