スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

金時山ハイキング(足柄峠コース)

2012-03-04
2012年 3月 3日
IMGP7662_640.jpg
バス・電車を乗り継いで金時山(静岡県と神奈川県との県境:1,213m)に行ってきました
前回行った入笠山から3週間
まだ一ヶ月も経ってないのにすごく山から離れていたような感じ
ちょくちょく行けてるからいいんですけど

テントを担いでどこかに?とも思ったけど帰りの楽チンな公共交通機関を使って日帰りできるところを探しました
以前、県内で金時山ってのがあって身近に登れるよって聞いたことがあったので今回は金時山に決定
地図とネットで情報収集すると金時山周辺、いろんなハイキングコースがあることに驚きました

金時山へのコースはいくつかあるけど浜松から公共交通機関で行こうとすると以外に不便
小田原まで行けば交通機関の選択肢が増えて便利なんでしょうが・・・。

登山口まで行くにも小田原方面からじゃないと三島駅、御殿場駅からバスになります
(他の選択肢もあるのかな?)
三島駅からバスだと乗り換えも含めて時間がかかるし御殿場駅からバスだと圧倒的に本数が少ない

ということで足柄駅(御殿場線)から金時山を目指すコースにしました

IMGP7595_640.jpg
朝一番の遠鉄バスで浜松駅へ
浜松駅から新幹線で三島駅を目指します

IMGP7596_640.jpg
三島駅から東海道本線で沼津駅に戻って御殿場線で足柄駅へ
(御殿場駅で国府津行きに乗り換え)

IMGP7597_640.jpg
スタート地点の足柄駅到着
時間は9時30分過ぎ
公共交通機関だとこの時間に着くのが精一杯です

IMGP7599_640.jpg
駅前には、まさかりかついだ金太郎

そもそも金時山の由来は
『かつて山の形から猪鼻嶽(いのはなだけ)と呼ばれていたが、坂田公時(金太郎)がこの山で山姥に育てられたという伝説から、江戸時代の後期に金時山と呼ばれるようになった』:Wikipediaより抜粋
とのこと

IMGP7601_640.jpg
金時山目指してスタート
足柄峠を経由して約3時間のコースです

踏切を渡って最初の分岐
道なりに右方向へ
(左方向から行っても途中で合流します)

IMGP7604_640.jpg
道標に金太郎さん
※地図を見ながらブログ書いてて気づいたけど、この道標の後ろ側にも実は道があって本当は後ろ側の道が正解(山と高原地図に参考時間が書いてあるルート)かも
舗装路を少し遠回りしちゃいました
地図通りのルートを歩くと下2枚の写真の風景は見ないです

IMGP7605_640.jpg

IMGP7607_640.jpg
県道78号線の舗装路をひたすら歩きます
天気予報は晴れだったけど・・・いつものことです
富士山ももちろん見えず

IMGP7612_640.jpg
途中にある唯念上人の筆による日本一大きな石佛

IMGP7614_640.jpg
ずっと舗装路

IMGP7615_640.jpg

IMGP7620_640.jpg
水飲沢を過ぎると舗装路から足柄古道に入れます
(最終的に舗装路と合流します)
石畳があるそうだけど雪で見えず

IMGP7623_640.jpg
舗装路に合流して足柄峠方向にひたすら歩きます
ガスってきてるし・・・。

IMGP7624_640.jpg
途中の展望もなく足柄峠到着
金時山方向(足柄峠ハイキングコース)へ向かいます

IMGP7626_640.jpg
ガスっ・・・。

IMGP7631_640_20120304112858.jpg

IMGP7633_640.jpg
マフラーを巻いてました

IMGP7635_640_20120304112858.jpg
足元は雪が溶けてグシャグシャ
靴はベチョベチョ

IMGP7640_640.jpg
夕日ノ滝分岐(猪鼻砦)
本当は正面に富士山が見えるみたいなんだけど・・・白
仲良くうどんを食べてたご夫婦を横目にプチ休憩
軽アイゼンを履いて先を急ぎます

IMGP7642_640.jpg

IMGP7646_640.jpg

IMGP7648_640.jpg
鳥居をくぐると本格的な上り

IMGP7650_640.jpg
鉄階段が12箇所あります
それぞれの階段には十二支の名がつけられてます

IMGP7657_640.jpg
急登です

IMGP7658_640.jpg
最後の十二支、いのしし階段

IMGP7659_640.jpg
もう少し

IMGP7662_640.jpg

IMGP7663_640.jpg
頂上はたくさんの人でした
富士山も顔を見せてくれました

IMGP7667_640.jpg
富士山を正面に見ながら昼食
カレーうどん

・・・で
IMGP7669_640.jpg
残り汁にご飯を投入してカレーライス
大満足でした

IMGP7670_640_20120304112858.jpg
時間は13時30分
富士山は見えなくなっちゃいました
この先、金時山から明神ヶ岳~明星ヶ岳を経由して強羅駅に行きたかったけど軽く5時間くらいかかります
この時間からだと時期的にヘッデン歩きになりそうなのでまたの機会にしました

帰りのバス停に向かうため金時登山口に向かいます

IMGP7678_640.jpg
ここにもマフラーを巻いた金太郎さん

IMGP7683_640.jpg
この時間になってもぞくぞくと登ってきます
大半の人は金時登山口、金時神社入口から登ってくるんだと思います

IMGP7685_640.jpg

IMGP7686_640.jpg
この辺は軽アイゼンが必要でした

IMGP7688_640.jpg
少し下りてくるとグシャグシャ

IMGP7692_640.jpg

IMGP7693_640.jpg
仙石原の町並み
芦ノ湖までは見えませんでした

IMGP7700_640.jpg
明神ヶ岳への稜線道
天気がいい日だと歩くのに気持ちよさそう

IMGP7704_640.jpg
矢倉沢峠にあるうぐいす茶屋
営業はしていません

IMGP7707_640.jpg
ここは明神ヶ岳、金時登山口への分岐点
ここから明神ヶ岳へ約2時間+強羅駅へ下山するのに約2時間
今回は仙石原(金時登山口)方向へ

IMGP7708_640.jpg
樹林帯を下っていきます

IMGP7711_640.jpg
無事下山

IMGP7715_640.jpg
金時山が見え隠れ

IMGP1232_640_20120304112643.jpg
山頂で撮り忘れたのでバス停で

IMGP7726_640.jpg
強羅駅行きの箱根登山バス
30分くらい待ちました

IMGP7728_640.jpg
観光地を巡り強羅駅到着
たくさんの観光客でした

IMGP7745_640.jpg
小田原行きの箱根登山電車

IMGP7753_640.jpg
途中、箱根湯元で小田急電車に乗り換えます

小田原駅から東海道本線で三島駅へ
三島駅から新幹線で浜松駅、遠鉄バスに乗り換え帰ってきました
帰りは公共交通機関フル活用でした

IMGP7761_640.jpg
帰りの新幹線での自分へのご褒美
あしたか牛すき弁当とビールで乾杯
帰り運転をしなくてもいいから飲めちゃいます
(寝過ごし注意ですが


天気はそれほどよくなかったけど富士山も少し見れたし金時山も登れたし楽しんできました
公共交通機関だと少し不便だったけどその分のんびりできたかな
まだ軽アイゼンは必要だけど金時山、コースがいくつかあるし登りやすい山でした
お昼時、山頂の人の多さにはビックリしましたが

日帰りでもテント泊でも小屋泊でも山に遊びに行けるのはとてもいいもんです
山さん遊ばせてくれてありがとう



関連記事
tag :
コメント:
富士山を見ながらのカレーうどん&カレーライス最高ですね!
新幹線での、牛すき弁当とビールも美味しそう。
うらやましいです、お疲れ様でした。
(当方ブログにリンクを貼らせて頂きたいんですけど、いかがでしょうか?)


[2012/03/04 15:53] | syuu #- | [edit]
syuu さん

諦めていた富士山も見れたしカレーうどん+ライス、間違いありません
山に遊びに行くときは楽しいこと贅沢なことをできるだけやろうと思ってます♪
新幹線の中、至福の時間でした
(リンク、喜んでです。私もリンク貼らせて頂きますね)
[2012/03/04 16:01] | おおのたかぼー #- | [edit]
頂上で富士山が見られたのは、ほんと、よかったですね。
何といっても、このあたりの山で富士見は必須ですから。

金時山っ。中学の山岳部で初めて登った山で、僕にとっては原点ですが、その時以来登っていません。
最近、ブログ仲間と行こうかという話が出ていて、楽しみにしているので、このレポートは刺激的でした。

そういえば、中学の時は、明神、明星を縦走し、塔の峰まで行き。塔の沢に下山したんですよ。
塔の沢あたりで見た西日をよく覚えています。

でも、この雪の季節にずいぶんたくさん登山者がいるものですね。
[2012/03/04 23:04] | devilman #- | [edit]
金時山?
聞いたことあるようなと思っていたら、足柄?
金太郎さんだ!  
とわかり、くすくす[��ʸ��:i-179]

あちらこちらに金太郎さんの像があるのも、
またなんというか。
頂上の賑やかさ、富士山の眺め。
いいですね。
行った気になるおおのたかぼーさんの
ブログは、いいですね。


まさかりかついで きんたろう
くまにまたがり おうまのけいこ
ハイ シィ ドウ ドウ ハイ ドウ ドウ
ハイ シィ ドウ ドウ ハイ ドウ ドウ

あしがらやまの やまおくで
けだものあつめて すもうのけいこ
ハッケヨイヨイ ノコッタ
ハッケヨイヨイ ノコッタ

[2012/03/06 17:26] | 森乃あさ  #- | [edit]
devilman さん

天気予報は晴れだったので期待して行ったのですが歩き始めはあいにくの天候でした
でも頂上で富士山が見れてホント、ラッキーでした
今回は富士見を期待して登りにいったようなもんですから・・・。

金時山、原点の山ですかぁ
明神、明星を縦走して塔の峰から塔の沢に下山ってたくさん歩きましたね
(地図広げて調べちゃいました。中学の時から山岳部だったんですね、すごいっす)
登山道は整備されているし危険なところもなかったので歩きやすいところでした

長靴に軽アイゼン履いた人とかカラフルなオシャレな服を着てる人とかいろんな人がいましたよ
お昼時はたくさんの人でビックリすると思います

ブログの仲間さんと行かれた時には楽しんできてください♪
富士見できるといいですね!
[2012/03/06 17:50] | おおのたかぼー #- | [edit]
森乃あさ さん

そうなんです、金太郎さんに由来のある山でした
道標に金太郎さんの像がのっかってて誰が巻いたかマフラーを巻いてました
足柄駅前の金太郎さんの銅像はリアルであまり可愛くなかったかも・・・。

運が良くて頂上で少しだけだったけど富士山も見れたしたっぷりお昼も食べれたし満足でした
お昼時の頂上の人の多さには少しビックリしましたが
頂上には売店もあって金太郎さんグッズも売ってるらしいです
(今回は売店には行きませんでした)

いくつかルートがあって登山道も整備されているので歩きやすいところでした
日が長くなったら縦走してみたいです
[2012/03/06 18:00] | おおのたかぼー #- | [edit]
さすが、人気のお山!
人多かったようですね。
ここも未踏なので、
行きたい(富士山間近で見たい!)お山の一つです。
『階段に十二支の名前』面白いですね。
富士山もいい感じで見られたようで◎

金時山さんも、遊ばせてくれてよかったですね^^

P.S たかぼーさんって、「誰かに似てる」
   とずっと思ってたんですが…
   徳永英明!?
[2012/03/07 00:05] | あゆみ工房 #- | [edit]
あゆみ工房さん

登山道は整備されてるし山頂までコースによっては2時間もあれば登れる山です
お昼時の人の多さは引いちゃうくらいでした
運よく富士山も見ることができてラッキーでした
富士山大きく見えますよ♪
鉄階段のところが唯一の急登で十二支を思い出しながら登ってました

徳永英明に似てるって見えるってことは自分撮りが上手なのかも
(写真写りがいい??)
実物は徳永英明崩れ?のただのおっさんです(笑)
徳永英明似は嬉しいです♪
[2012/03/07 00:51] | おおのたかぼー #efsCvMvQ | [edit]
今晩は お邪魔します。
金時山から望む富士~絶景ですね 良い眺めです^^)

俺は富士に魅了されて永遠の被写体です。
4月は是非に行きたいですね。
[2012/03/26 20:55] | 都人 #- | [edit]
都人さん

こんばんわ
金時山から少しだけだったけど富士山が見れてラッキーでした
いい眺めですよね

富士山は撮らせ上手ですよね
私は全然、綺麗に撮ってあげることはできませんが・・・。
4月、いい富士山を眺められればいいですね♪
[2012/03/27 02:28] | おおのたかぼー #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://takachann.blog.fc2.com/tb.php/64-085198bd

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。