スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

にゅう~天狗岳(一日目)

2011-12-21
2011年12月17日
IMGP6635_640.jpg
高見石~白駒池~にゅう~天狗岳(八ヶ岳) 冬山を楽しんできました
ちょうど一年前、初めての冬山デビューは八ヶ岳 天狗岳でした
一年経った今、少しは歩けるようになったかな?って事で再び冬山の天狗岳を目指しました

IMGP6492_640.jpg
渋の湯駐車場から登山口に向かう道
ツルツルです
正面に見える渋御殿湯のフロントへ駐車場代を支払います(一日1,000円)
外にある温度計を見ると-9℃ 

IMGP6493_640.jpg
橋の手前に登山届けを入れるポストがあります

IMGP6494_640.jpg
高見石方面に向かいます

IMGP6499_640.jpg

IMGP6501_640.jpg
歩いた跡がないので赤布を頼りに進んでいきます

IMGP6505_640.jpg
しばらく進んでいくと周りはりっぱな雪化粧
歩きにくいんです

足をのせたところが岩と岩との間でスポッとはまったり、岩の上に薄くのった雪で滑ったりと疲れます
一歩一歩足をのせるところを踏み確かめながら進んでいきます

IMGP6507_640.jpg
見渡せば綺麗な景色

IMGP6518_640.jpg
賽ノ川原周辺
一番歩きにくかった

IMGP6521_640.jpg
道標にはかわいいエビのシッポ
案内の文字が見えませんでしたが

IMGP6523_640.jpg

IMGP6526_640.jpg
道標に導かれ賽ノ川原を後にします
少し歩きやすくなりました

IMGP6528_640.jpg
晴れてきました

IMGP6530_640.jpg
高見石・中山峠・白駒池方向へ

IMGP6532_640.jpg
高見石小屋到着
登山者は誰もいませんでした
渋の湯からここまで来るのにまだ二人しか会ってません

小屋の裏が展望台になっているので岩場を登っていきます
IMGP6535_640.jpg
先に見えるのが白駒池
池が凍っています

IMGP6538_640.jpg
『きれい』しか言葉がでませんでした

IMGP6541_640.jpg
白駒池を目指します
ここも歩いた跡がなく赤布が頼りです

IMGP6561_640.jpg
白駒池到着
ボート乗り場の桟橋があるんで池なんだとわかります

IMGP6546_640.jpg

IMGP6557_640.jpg
凍った池の上を歩きましたが全然割れそうにありません

IMGP6553_640.jpg
ちょうどいい時間だったので桟橋に腰掛けてお昼ご飯
水筒に入れてきた甘めのカフェオレが美味しい

IMGP6563_640.jpg
お腹も満たされ行動再開

にゅうを目指します
にゅうって山の名前だけど『にゅう』だったり『乳』だったり『ニュウ』だったり『ニュー』だったり書いてあります
どれが正解なんでしょう??

IMGP6567_640.jpg
『にう』?

IMGP6568_640.jpg
雪の積もった橋を歩くのが滑るんで難しかったぁ
ここから『にゅう』まで登りが続きます

IMGP6574_640.jpg
途中の白駒湿原
雪に覆われて何も見えません
雪が溶けたころまた来たいです

IMGP6578_640.jpg

IMGP6587_640.jpg
もう少し雪が積もると歩きやすいんですが・・・。
真新しい踏み跡をつけていきます

IMGP6593_640.jpg
樹林帯を登って行くといっきに開けます
頂上が『にゅう』かなぁ?

IMGP6594_640.jpg
先に小さく見えるのが全面凍っていた白駒池

IMGP6597_640.jpg
富士山が見えました
どんな山に登りに行っても富士山が見えるととても嬉しいです

IMGP6598_640.jpg
この先は切れ落ちてます

IMGP6603_640.jpg
正面が東天狗岳、右の丸っこい山が西天狗岳(総称して天狗岳)
去年は東天狗岳しか登れなかったんで今回は西天狗岳も登る計画

IMGP6611_640.jpg
『ニュウ』登頂
今夜の寝床、黒百合ヒュッテに向かいます

IMGP6612_640.jpg
ニュウってこんなに切れ落ちてます

IMGP6616_640.jpg
フカフカの雪の上に一番最初に足跡をつけていきます

IMGP6618_640.jpg

IMGP6622_640.jpg
雪山満喫です

IMGP6624_640.jpg
にゅう分岐と呼ばれているところ
右側から歩いてきました
左奥に歩いていくと高見石小屋方向
高見石小屋から直接ここに来れたんだけど今回はにゅうを経由してみました

IMGP6627_640.jpg
この辺までくるとトレースがしっかりついています
登山者ともたくさん会います

IMGP6628_640.jpg
懐かしい道です

IMGP6630_640.jpg
右側が東天狗岳、左側が硫黄岳

IMGP6633_640.jpg
きれい

IMGP6636_640.jpg
中山峠から黒百合ヒュッテ方向、にゅう分岐方向、天狗岳方向、しらびそ小屋方向に向かう事ができます
今日は黒百合ヒュッテ方向へ

IMGP6637_640.jpg
黒百合ヒュッテに無事到着
一年ぶりで懐かしい

IMGP6639_640.jpg
スノーフライ装着

寝床は確保したものの夏山と少し違うのが水を現地で作ること
IMGP1104_640.jpg
雪を溶かして水を作ります
雪って大半が空気なので溶かしても水になるのは少しだけ
鍋に雪を入れては溶かしを繰り返して水を確保します
溶かした水(お湯)はコーヒー用フィルターを通してplatypus(ウォーターボトル)に入れておきます

そして夕飯の準備
IMGP1111_640.jpg
しめじ、豚バラ肉、たまねぎ、キムチ入りのキムチ鍋
たまご、うどんも入れて大満足
山ごはんも楽しみの一つです

ヒュッテの前の木がクリスマスツリーのようになってました
IMGP6657_640.jpg
ただ今の気温 -14℃
インナー手袋をしててもレリーズを持ってる指先の感覚がなくなってきます

IMGP6663_640.jpg
オリオン座が綺麗に見えました


テントに戻るといろんな物がバリバリ(凍ってる)です


今回の山行、甘くみてた訳じゃないけどシュラフ(寝袋)がモンベル#3(これしかないんですが
シュラフの使用可能温度域が-10℃(カタログ値)

シュラフにシュラフカバーを被せて足元はシュラフごとザックの中に入れ込みます
保温ロンTに毛長のフリース+ダウンジャケット
保温タイツにダウンズボン
靴下+フットウォーマー(モコモコの大きな靴下)
バラクラバー(目出し帽)に毛糸の帽子を被ってダウンジャケットのフードを被ります
シュラフの下はエアマットの二段重ね

ここまですればなんとか寝れるだろうと思っていたんですが・・・。
-14℃はそんなに甘くはありませんでした


にゅう~天狗岳(二日目)に続く

関連記事
tag :
コメント:
楽しそうですねぇ~
この辺りは、懐かしいコースですね。
最近無雪期には行きましたが、雪の季節はずいぶん前になります。
一人でテントかついでうろうろしたなあ・・
雪の八つはいいよなぁ。
どうか気を付けて。
[2011/12/21 03:55] | devilman #- | [edit]
devilman さん

最近、北八にはまっています
少し緩い感じのやまあるき楽しいです

一年ぶりの天狗岳、雪山しか見たことがないんですよね
冬季になると八ヶ岳に行く回数が増えます

いろんなレベルに合わせたコースがあっていいですよね
無理しないでやまあるき楽しんでいきます♪
[2011/12/22 08:29] | おおのたかぼー #- | [edit]
takabohさん、今回はまずまずのお天気のようですね。

でも、寒さは半端ないですね。
#3 のシュラフは3期用ですからダウンは500g前後でしょうか、
これからはやっぱり#0かな?
あまり寒いと寝られないですからね。

あと、ホットドリンク用のペットボトルを持っていれば
寝る前に熱いお湯を入れて湯たんぽの代わりにします。

朝の食事にその水を使うと直ぐに沸くので便利です。

テントの張り綱、雪の上に幕営する時、
ペグの代わりに割り箸か木の枝を使って雪の中で横にして埋めると張り綱が抜けないです。

ご飯、美味しそうですね。
でも、takabohさんって山ではお酒はあまり飲まれないんですか?
[2011/12/22 18:39] | noborunda #- | [edit]
noborunda さん

一日目は天気はまあまあよかったんですが二日目は・・・残念でした
帰ってきてからシュラフのサーマルチャートを見ると八ヶ岳は-16~-17℃(真冬の最低気温の平均:モンベルのカタログより)でした
今回は真冬の気温だった訳で#3ではとうてい無理です(汗
やっぱり#0はほしいですね
寝るのに苦労しました
辛うじてZIPPOのカイロを持っていってよかったです
湯たんぽ、次回からそうしてみます

ペグの代わりに木板の短くしたものを持っていったんですがテン場の雪が浅くて埋める事ができませんでした
他のテントの人達は張り綱を石に引掛けていたんですが私は石を見つける事ができなくて張り綱を固定せずでした

寒い時の鍋、いいです♪
山ではなぜかコーラーの方が比重が大きいですね(おこちゃまです
今回は飲んでいるうちに見る見るシャーベット状になっていきました
でも寝る前にウイスキーの小瓶を持っていったんでホットウイスキーで温まりました
noborunda さんに比べれば全然飲めませんけど(笑

また山の知識を教えて下さい!
[2011/12/24 01:03] | おおのたかぼー #- | [edit]
満喫してますね。

山小屋泊かと思いきや、やっぱりテント泊なんですね。

ところで、森乃のブログ内のお気に入りにこの「あんぜんやまあるき」
のブログを載せさせていただいてもいいでしょうか?

[2011/12/27 22:01] | 森乃あさ  #- | [edit]
このコメントは管理者の承認待ちです
[2011/12/27 22:04] | # | [edit]
森乃あさ さん

山歩き楽しいです
満喫してます♪

せっかく遠くまで遊びに行くんでとことん自然を満喫しよう、楽しいことしようと思ってます
テント泊もその中の一つです
これからもできるだけこだわってテント泊で山歩きしていきたいと思っています

リンクの件、全然OKです
ありがとうございます
私もリンク、貼らせていただきますね

[2011/12/28 13:34] | おおのたかぼー #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://takachann.blog.fc2.com/tb.php/55-6b552336

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。