スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

紅葉を見に双六小屋へ(前編)

2011-10-19
2011年10月15日
IMGP5111_640.jpg
紅葉と穂高連峰・槍ヶ岳を見に双六小屋へ行ってきました
天気予報は
15日 午前中:雨→午後:天候回復
16日 午前中:晴れ

雨でしっとり濡れた紅葉を見て次の日は双六岳か樅沢岳で朝焼け・雲海が見れればいいなぁと思いながら新穂高温泉の駐車場へ向かいます
途中、見事に東名の集中工事渋滞にはまりました

IMGP5010_640.jpg
3時過ぎに駐車場に到着
雨は降ってます
6時出発予定で少し仮眠して起きてみると・・・雨,風がひどくなってました

雨,風が弱くなるのを待ってたら出発が8時
今日、双六岳か樅沢岳に登れればいいなと思っていたけどこの時点であきらめました(なんせ鈍足なので

登山届けを出して双六方面に向かいます

IMGP5011_640.jpg
先週泊まったホテル穂高
雨で川の水の量がすごいです

IMGP5018_640.jpg

IMGP5020_640.jpg
ゲートを通り過ぎしばらくは林道歩きです

IMGP5027_640.jpg

IMGP5028_640.jpg
紅葉してます
雨に濡れてしっとりいい感じ

IMGP5029_640.jpg

IMGP5056_640.jpg
真っ白な中、紅葉が顔を出してくれます

IMGP5060_640.jpg
笠新道登山口
笠ヶ岳も行ってみたいです

IMGP5066_640.jpg

IMGP5077_640.jpg
体慣らしの林道歩きでした
わさび平小屋が見えてきました

IMGP5079_640.jpg
水の補給だけして出発します

IMGP5086_640.jpg
この辺から紅葉がいい感じになりはじめました

IMGP5097_640.jpg

IMGP5109_640.jpg

IMGP5111_640.jpg

IMGP5119_640.jpg
小池新道に向けて川沿いを登っていきます

IMGP5122_640.jpg

IMGP5125_640.jpg

IMGP5138_640.jpg
山の上は真っ白だけど紅葉はすごく綺麗です

IMGP5139_640.jpg
雲がすごく早く動いていました

IMGP5140_640.jpg

IMGP5142_640.jpg

IMGP5146_640.jpg

IMGP5148_640.jpg
だいぶ登ってきました
振り返ると下の方は雲が切れて明るくなっています

IMGP5151_640.jpg
山の上は晴れてこないんですけど

IMGP5155_640.jpg

IMGP5158_640.jpg
ベンチはあるけど展望はナシでした

IMGP5159_640.jpg
この辺はもう紅葉はありませんでした

IMGP5162_640.jpg
熊さんのお立ち台を通り過ぎると

IMGP5163_640.jpg
もう少しで鏡平

IMGP5164_640.jpg
もう少し

IMGP5165_640.jpg
鏡池・・・予想通りでした

IMGP5168_640.jpg

IMGP5170_640.jpg
鏡平山荘到着
今日の宿泊までで営業は終了
小屋の中の補強や片付け中でした

そんな中
IMGP0859_640.jpg
うどんなら出来るとの事だったので昼ご飯
暖まりました

IMGP5171_640.jpg
弓折乗越に向かいます

IMGP5172_640.jpg
ここから先はしばらく稜線歩きです

IMGP5174_640.jpg
展望ゼロ
晴れてれば気持ちいいんでしょうが残念です

IMGP5175_640.jpg
もちろんお花も・・・ゼロです

IMGP5177_640.jpg
双六小屋が見えてからも小屋に到着するまで遠いって予習してきたけど、あたり一面真っ白だったんで小屋が見えたらすぐ到着しました
双六小屋に近づくにつれて雨・風が強くなってきます
風はいままでのテント泊で一番強かった

IMGP5180_640.jpg
テント張るまですごく時間がかかりました
フライもなかなか被さらないし

石を積み重ねて風上側の張り網をしっかり固定します

今日のテン場は自分ともう一人の2張だけ
もう一人は外人さんでテントはビビーで今にも風に飛ばされそう

自分がテントを設営し終わってテントに転がり込もうとした時に外人さんは片手にビビーを抱えて小屋のほうへ
小屋泊にしたみたい
片手でビビーを抱えてる姿が印象的でした

という事で今日のテン場は自分だけでした

IMGP0862_640.jpg
今日の夕食は楽しみにしてた一人モツ鍋

テン場に一人きりの寂しい一人鍋でした
ラジオをつけると東海ラジオのガッツナイターだけが聞けました
巨人vs中日戦
野球には興味がないけど人の声が聞こえてくると安心します


風・雨とも弱まりません
テントが風に押されて揺らされます

『ポール折れてテント潰れないかなぁ』
それくらいに感じるくらいの風で怖かった

ガッツナイターを聞きながら8時には寝袋に潜り込みました

明日、天候良くなるかなぁ・・・。


紅葉を見に双六小屋へ(後編)に続く

関連記事
tag :
コメント:
雨の中、ご苦労様でした。
このコース、僕も何度か登っていますが、
紅葉がいいですねぇ。
雨に濡れて、一層彩にコクが出ているようです。
でも、雨の中歩いている方は大変ですよね。
ご無事な下山を祈っています。
[2011/10/19 01:13] | devilman #- | [edit]
devilmanさん

初日の雨は覚悟してました
でも紅葉は雨に濡れてしっとりとしていい感じでした

岩の上を歩く際には落ち葉が雨に濡れて滑りやすかったです
周りの紅葉に目を奪われながら下山してきました
綺麗な紅葉が見れてとてもラッキーでした♪
[2011/10/19 01:30] | おおのたかぼー #- | [edit]
takabohさん、こんにちは。

紅葉、やはり鏡平から下なんですね。
でも、紅葉の写真、ほんと綺麗ですねぇ~。

一番最初の写真、河の中にある木、やはり皆さん撮るんですね。
林道のすぐ手前にあるんですよね。

風が強くてテント設営大変でしたね。
私のソロテント・デビューは今年6月初めの涸沢でしたが、
雪上での撤収時、大雨と突風で大変なことになっちゃいました。
その時は必死ですが、あとになってみると笑ってしまいます。
でも、張り綱が切れちゃって辛いものがありますね。

夕食はモツ鍋でしたか。
takabohさんの食事、いつも凝ってますね、見習わなきゃ。

後編も楽しみにしてます。
[2011/10/19 11:21] | noborunda #- | [edit]
あいにくの雨、残念でしたね。

私もこのコースは好きな場所で、一昨年(平成21)の夏は、徹夜で笠新道を登り、
双六テン場で一泊し、翌日は軽荷で黒部五郎を往復、その足で夜道の小池新道を
下山したことがあります。

太陽に照らされた紅葉もいいのですが、しっとりとした雨の中の彩りもまた「渋い」
ものがありますね。
華やかさとは一味違う、落ち着きとでもいうのでしょうか?

こういう景色を見ているとたまらなく山へ行きたくなります。
山の虫が騒ぎます。

今年は近場で、移りゆく秋を楽しみたいと思います。

おつかれさま! こういう日もありますよね。
[2011/10/19 20:26] | ほろよいりゅうじ #- | [edit]
noborundaさん

こんばんわ
そうなんです、紅葉は鏡平から下でした
見ごろの時期に行けてラッキーでした

河の中のあの木、撮られ上手です
いいところにいますもんね
そうです、林道のすぐ手前です

今まで一番強い風の中での設営でした
フライがなかなか被せられなくてアタフタしてました
落ち着いてやればいいんですけど・・・。
朝起きてみたら風上の張り綱と前室のが切れてました
でもテントが潰れなくてよかったです

夕食は自分の好きなものを食べようと思ってます
山行前に夕食に食べるものをスーパーでいろいろ見ながら考えている時間も楽しいんですよ
noborundaさんもフライパンを手に入れたからこれからレパートリーが増えるんじゃないですか?
初フライパンの山行の時もたくさん食べてたし(笑

また遊びに来て下さい♪
[2011/10/20 00:25] | おおのたかぼー #- | [edit]
ほろよいりゅうじ さん

今回は雨覚悟のうえで雨に濡れた紅葉を見れればいいなっていうくらいの感じで行ってきました
私は初めてのコースでしたが、ほろよいりゅうじさんはハードな計画で登られたんですね
夜道は何かと遭遇しそうで怖そうです

青い空に緑の山、紅葉が映えてる場面もいいですが今回のような雨に濡れてしっとり系もいい感じでした

山の虫を起こしてしまいましたか?
短い時間の秋ですもんね
その時その時を満喫しなければ・・・。

自然が相手なんでいろいろありますよね
そのいろいろを楽しもうと思ってます


[2011/10/20 01:06] | おおのたかぼー #- | [edit]
道中の写真に他の登山者が写っていませんが、もしかして「おおのさん」一人ですか それともたまたま写り込まなかっただけでしょうか 今回も無事に帰って来られてよかったです!無事でしたよね?
[2011/10/20 15:15] | Keity #jRPIUMCc | [edit]
Keityさん

無事ですよ!

道中に他の登山者が写っていないのは写り込む人がいなかったんです
初日にすれ違ったり追い抜かれたりした人はほんと少なくてほとんど一人っきりの静かな山行でした
テント場も結局一人でしたし

しばらく人と会わないとこの山に自分だけしかいないんじゃないかなぁ、なんて錯覚しちゃいます
[2011/10/21 00:34] | おおのたかぼー #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://takachann.blog.fc2.com/tb.php/46-1f49d16e

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。