スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

残雪期の鹿島槍ヶ岳(一日目)

2014-05-26
2014年 5月4日~5日(一日目)
IMGP8794_640_201405260836496c1.jpg
今年のゴールデンウィークの遠征は鹿島槍ヶ岳(後立山連峰 標高:2889.1m)に行ってきました
ゴールデンウィークの遠征は北アルプスのどこかでテント泊をしたい
でもテント泊は休みの関係で一泊
という条件で候補地を考えてみると
・涸沢をベースに北穂
・槍ヶ岳にリベンジ
・燕岳~常念岳の表銀座縦走
・白馬岳
・鹿島槍ヶ岳
ってところでした

行こうとしている日程の天気予報は一日目はいい天気だけど、二日目は崩れる予報
・表銀座は最低二泊必要なので却下
・涸沢は混んでるだろうし、槍ヶ岳は行動時間が長くて遠いしなぁ・・・ってことで却下
・白馬岳も混むだろうから却下
なので遠征地は鹿島槍ヶ岳に決定


IMGP2900_640.jpg
前日の5月3日、仕事を早々に終えて登山口のある扇沢を目指します
京都からだと何時間かかることやら・・・。

何度も高速道路の渋滞にはまりながら長野県松本市
京都を出発して約6時間
『林檎の湯屋 おぶー』に到着
扇沢に行く前にお風呂に入って綺麗にしていきます

IMGP2906_640_20140526083318a8f.jpg
日が替わって0時45分
扇沢駐車場に到着
トイレがあるので今日はここの無料駐車場で車中泊


IMGP2908_640_201405260833198b8.jpg
目が覚めるとこの天気
テンション
トイレをすませて登山口に向かいます

IMGP2909_640_20140526083321978.jpg
扇沢の無料駐車場は満車状態
ここから登山口周辺にある駐車場に車を移動

IMGP8733_640.jpg

IMGP8732_640.jpg
登山口近くの駐車場は満車だったため少し離れた駐車場に駐車
身支度を整えて登山口に向かいます

IMGP8734_640.jpg
登山口近くの駐車場

IMGP8735_640.jpg
登山口周辺には駐車場がいくつかあります
(周辺にトイレはなし)

IMGP8737_640.jpg
登山口入口
遭対協のテントが張られていて登山届の確認をしていました
今年は雪が少ないので捻挫に注意してくださいとのこと

IMGP8738_640.jpg
ルートの情報が細かく書かれていました
下調べはしてきたけどありがたい

IMGP8743_640.jpg
今日は冷池山荘にてテン泊
ゴールデンウィークは柏原新道を経由して種池山荘までいくルートが通行禁止なため、柏原新道の途中から爺ヶ岳南峰へ直登するルートとなります

IMGP8745_640.jpg
ザックはフル装備で22kg
久しぶりの重さにペースはカメさん以下

IMGP8747_640.jpg

IMGP8748_640.jpg

IMGP8749_640.jpg
この登山道を約10年以上かけて開拓された柏原さんに感謝です

IMGP8751_640.jpg
しばらく歩いてくるとこの看板
左側に歩いていくと柏原新道方向
この時期は通行できないので南尾根に登っていきます

IMGP8752_640.jpg
日が当たらないところは凍結気味
階段状にステップがきれているのでアイゼンがなくても登っていけます

IMGP8754_640.jpg
根っこや笹が邪魔して歩きにくい

IMGP8757_640.jpg

IMGP8758_640.jpg
トレースもあるし赤布も要所にあるので安心

IMGP8759_640.jpg

IMGP8760_640.jpg
遠くに種池山荘が見えてきました
(この時期は休業中)

IMGP8763_640.jpg
気温が上がって暑いしザックは重いし歩きにくいし・・・。

IMGP8764_640.jpg
樹林帯を避けて脇の斜面に出てきました
もっと早くから雪の上を歩くんだった・・・。
ここでアイゼンを装着します

IMGP8766_640.jpg

IMGP8767_640.jpg

IMGP8770_640.jpg
まだまだ上りますね

IMGP8772_640.jpg

IMGP8773_640.jpg
ザックの重さに心が揺れましたが山荘までテントを張るのは我慢×2

IMGP8775_640.jpg
手前のピークが南峰かな??
途中から雪がなく夏道かなぁ

IMGP8776_640.jpg
アイゼンを脱いで夏道をつづら折りに歩いていきます

IMGP8778_640.jpg

IMGP8779_640.jpg
積雪はなし

IMGP8780_640.jpg
剱岳が『ドォーン
登ったことがあるのに全貌がみれたのは初めて

IMGP8782_640.jpg
南峰はまだ先でした
でも眺めは最高

IMGP8781_640.jpg
南峰はあのピークでした

IMGP8783_640.jpg

IMGP8784_640.jpg

IMGP8789_640.jpg

IMGP8788_640.jpg
振り返ると遠くに槍ヶ岳の尖がりも見ることができました

IMGP8786_640.jpg
剱岳は存在感あり
まさに「岩と雪の殿堂」

IMGP8791_640.jpg
遠く(正面)に富士山も見ることができました
久しぶりのご対面

IMGP8792_640.jpg

IMGP8793_640.jpg
爺ヶ岳南峰到着

IMGP2915_640_20140526083322316.jpg
取りあえず上りきった感

IMGP8795_640.jpg
鹿島槍ヶ岳の双耳峰、冷池山荘が見えてきました

IMGP8797_640.jpg
種池山荘方面

IMGP8796_640.jpg
正面のピークが爺ヶ岳中峰(標高:2669.8m)

IMGP8799_640.jpg
山荘も見えてるし、ここからは下っていく方向なので楽チンだと思っていたんですが・・・。

IMGP8800_640_20140526083712032.jpg
中峰への分岐点でザックをデポし中峰に行ってみます

IMGP8801_640.jpg
空身なので、あっという間に中峰到着

IMGP2923_640.jpg
さすがに風は強かったぁ・・・。

IMGP8803_640_20140526083714503.jpg
鹿島槍、かっこいいですね

IMGP8804_640.jpg

IMGP8808_640.jpg
このルート、眺めは最高です

IMGP8811_640_20140526083735679.jpg
雪庇も立派に育ってました

IMGP8812_640_201405260837362fe.jpg
冷池山荘は見えてるのになかなか近くにならない
ここも山荘は見えてるのになかなか到着できないパターンのところなんだ、と自分に言い聞かせながら歩いていきます

IMGP8813_640_201405260837375a3.jpg
なかなかたどり着けない・・・。

IMGP8815_640.jpg
疲れたら剱岳を見ながらの休憩

IMGP8817_640.jpg
あともう少し

IMGP8818_640_20140526083756122.jpg
それにしてもすごいところに建ってるなぁ

IMGP8820_640.jpg
柏原新道の登山口を出発して約7時間
疲れました・・・。

IMGP8823_640_2014052608375881c.jpg
テントの受付を済ませて少し遅い昼食
水は迷わず山荘で購入しました

IMGP8842_640.jpg
テン場は鹿島槍方向に少し歩いていったほうなんだけど、この時期は山荘の周辺に張ることができます
山荘周辺は先着組みで多かったので少し下がったところに設営
山荘近くに設営している先着組みは雪壁を積んでいたけど、ここなら木の陰で風もしのげそう

時間は14時30分を過ぎていて、この時間からの鹿島槍ピストンは時間が遅いので断念
次の日の天候が崩れるのが分かっているので今日中にピストンしておきたかったんだけどなぁ・・・。
明日の朝の天候で鹿島槍ピストンをどうするか考えることにします

IMGP8825_640.jpg
時間があるし天候も悪くないんで下見も兼ねて散歩に出かけます

IMGP8827_640.jpg

IMGP8828_640.jpg

IMGP8833_640_20140526083822b93.jpg
しばらく剱岳を眺めながら、のんびりした時間をすごしました

IMGP8832_640.jpg
帰り道の爺ヶ岳方向

IMGP8837_640.jpg
緑色のテントが張ってあるところが本来のテン場

IMGP8838_640.jpg
ここのテン場は最高のロケーションですね
(風は強そうだけど・・・。)

IMGP8840_640.jpg
テントに戻って携帯をいじったり寝袋に潜り込んでウダウダ
(携帯はアンテナ2本くらいの電波状況でした)
先輩からのLINEで北アの白馬岳で滑落があったり、燕岳の中房への林道が土砂崩れで通行止めになっているとの情報が入りました
燕岳は候補地に入っていたので結果的に行かなくてよかったなぁと思ったけど、白馬岳の滑落は同じ山域
ラジオで遭難のニュース、天気予報を聞きながら時間を過ごしました

IMGP8845_640_201405260838440fb.jpg

IMGP8856_640.jpg
夕飯は焼肉と卵スープ
重いザックを担いできたんでガッツリ食べます

寝袋は寒いのを我慢したくなかったのでモンベル#0
今回はオーバースペックでした

おかげで超快適に眠ることができました
明日は鹿島槍、登ることができるかなぁ・・・。


残雪期の鹿島槍ヶ岳(二日目)に続く

関連記事
tag :
コメント:
あんぜんやまあるきさん

自家用車が四輪駆動車に変わりましたね(謎)。

初日の写真を見て思ったのは、南尾根に入っても雪がないのでまるで初夏の様相に驚きつつ、
雪が無いとテンション下がって大変だったろうなと思いました。稜線も雪が少なかったですね。

種池山荘と冷池山荘の間は、爺ヶ岳を登りながら両方の小屋が見える事もあってか、
近そうで何気に遠いから、初めて行った時につるべ落としの術にハマって面喰いましたw

冷池山荘のテント場は少々不便。夏でも山荘前にテントを張らせて欲しいですね。

食事がいつも立派なので、見習わなければと思います。
[2014/05/31 13:31] | 岳鉄 #J6rP.nQc | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://takachann.blog.fc2.com/tb.php/144-ab7663a8

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。