スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

宝塚から六甲山、有馬温泉の毒水

2013-08-28
2013年 8月 15日
IMGP6723_640.jpg
世間さまはお盆休みウィーク
仕事がら、世間さまがお休みの時にも働いている業種に勤めているため、お盆ウィークも仕事の毎日・・・。

そんな中での貴重なお休み
のんびり休日を過ごすこともなく六甲山に向かいました
IMGP6619_640.jpg
京都から叡山鉄道~京阪電車~JRを乗継ぎ、宝塚駅到着
スタート地点は同じく乗り入れている阪急線側からなので移動し、出発の準備をしながら周りをキョロキョロ
今回のコースは六甲山全山縦走路を歩いていき六甲山最高峰へ
そのあと有馬温泉に下り汗を流してこようという計画
縦走路への入口はどっちの方向か自信がなかったので、それっぽい人(山登りしそうな人)を探します・・・。

IMGP6622_640_20130828231727a8e.jpg
宝来橋
山と高原地図では橋を渡るルートになっているし、それっぽい人も向かってるので一安心

橋を渡ると信号機のある交差点、正面にコンビニ
『六甲山縦走路の入口です』って看板があると思っていたけど、どこに歩いていけば分からずしばらくウロウロ

IMGP6623_640.jpg
コンビニの脇道を歩いていくようでした
宝来橋で前を歩いていたそれっぽい人も見えるのでまたまた安心

IMGP6624_640_201308282317260bd.jpg
住宅街の道を歩いていきます

IMGP6626_640.jpg
地図を見てみると塩尾寺(えんぺいじ)方向に進めばいいみたい
塩尾寺へは甲子園大学と同じ方向

IMGP6627_640_20130828231753389.jpg

IMGP6629_640.jpg
安心できた道標
六甲最高峰の文字を見て安心

IMGP6630_640_20130828231752a54.jpg
甲子園大学を通り過ぎて少し登ると宝塚市内が一望

IMGP6632_640.jpg
走っている人多かったです
私には真似できませんが・・・。

IMGP6635_640_20130828231750d37.jpg
塩尾寺到着
ここまでは舗装路

IMGP6636_640_201308282318198ef.jpg
ここから登山道
六甲山最高峰を目指します

IMGP6640_640.jpg

IMGP6641_640.jpg
いきなり急ですねぇ・・・。

IMGP6642_640.jpg

IMGP6644_640.jpg

IMGP6646_640.jpg

IMGP6647_640.jpg
上りきると歩きやすい道
木々が綺麗で気持ちよく歩いていけます

IMGP6649_640.jpg

IMGP6650_640.jpg

IMGP6652_640.jpg

IMGP6653_640.jpg
アップダウンを繰り返しながら進んでいきます
歩きやすい道ですね
一般道を横切ると・・・

IMGP6655_640.jpg
登山道に合流
また急ですね・・・

IMGP6657_640_20130828231911051.jpg
平行移動は歩いてて気持ちいい

IMGP6658_640.jpg
舗装路と合流
しばらくはアスファルト歩き

IMGP6660_640.jpg
・・・で、登山道に復帰

IMGP6662_640.jpg

IMGP6666_640_20130828231908780.jpg

IMGP6668_640_20130828231907a4a.jpg

IMGP6669_640_201308282319419aa.jpg
いろんなところを歩いていきますね
上ったり下ったり、バリエーションがあって楽しめます

IMGP6671_640_20130828231937cee.jpg

IMGP6673_640.jpg

IMGP6674_640_20130828231935276.jpg
あらためて・・・こういうところ走るのは無理だなぁ・・・。

IMGP6675_640.jpg
再び一般道と合流

IMGP6678_640_20130828231934834.jpg
歩いてきた方向を見るとこの看板
もう12km歩いてきました

・・・っていうか六甲縦走って宝塚から上るんでないんだぁ・・・。
この看板で気づきました
六甲山縦走、終盤にきて宝塚までの下りはきついだろうなぁ

IMGP6679_640.jpg
ここからしばらくは一般道歩き

IMGP6680_640.jpg

IMGP6682_640_20130828232003766.jpg

IMGP6684_640.jpg
少しだけ登山道に復帰

IMGP6686_640.jpg
最高峰まで500m
宝塚からだと14kmなんだぁ

IMGP6687_640.jpg
一軒茶屋、六甲山最高峰へ向かう分岐箇所
ここまで来ると多くの人
いろんなところから登られてきたんですね

IMGP6689_640.jpg
一軒茶屋の自販機は大人気
暑い日だったのでスポーツドリンクが飛ぶように売れてました
もちろん自分も一気飲み

IMGP6690_640.jpg

IMGP6691_640.jpg
最高峰独り占め

IMGP6692_640.jpg

IMGP2429_640.jpg
2回目の六甲山最高峰
最初に登ったのは去年の冬だったなぁ
神戸ルミナリエ、綺麗だった

IMGP6694_640_201308282320255c6.jpg
見晴らしがいい

IMGP6697_640.jpg
仕事がら・・・電柱番号なんか気になりまして

IMGP6700_640.jpg
一般道のところまで下り広場で昼食

IMGP6702_640.jpg
お腹も満たされ今回の目的だった有馬温泉に向かいます

IMGP6704_640.jpg
魚屋道(ととやみち)
有馬の湯(有馬温泉)へ江戸初期から六甲山を越えて深江浜(神戸市東灘区)の取れたての魚介類を運んだルート
ここからずっと下りなので楽チン

IMGP6705_640.jpg

IMGP6707_640.jpg

IMGP6708_640.jpg
温泉、温泉

IMGP6709_640_201308282321198f6.jpg
魚屋道を下りきると・・・

IMGP6710_640_2013082823211925d.jpg
すぐに勧誘の看板

有馬温泉の泉質は湧出場所により異なります
・空気に触れ着色する含鉄塩化物泉(金泉:きんせん)
・透明な炭酸ラジウム混合低温泉(銀泉:ぎんせん)
特に予習もしてこなかったのでお風呂はどこでもよかったけど、もう少し下ってみることにします

IMGP6713_640.jpg

IMGP6711_640.jpg
途中にあった炭酸泉源
昔は砂糖を入れてサイダーとして飲まれていたとのこと
しかし、サイダーとして飲まれる前は毒水と呼ばれていたそうです

射場山と愛宕山の谷あいの洞穴、岩場の間から炭酸ガスが噴出し、その穴に入った虫や鳥は二酸化炭素中毒で死んでしまう
そこにぷくぷくと泡を立てて湧いていた水は、見た目にも奇妙であることから、いつしか毒水と呼ばれ「毒水を使うと恐ろしいことが起きる」言われ続け、毒水は長い間人々から恐れられていたそうな
しかし、その後の調査により毒水は良質な炭酸水であることが判明したそうです

炭酸大好きな私にとっては夢の蛇口
蛇口をひねって少し飲んでみると・・・鉄の味
確かに口の中は少しシュワシュワしてましたが・・・。
有馬土産で有名な炭酸煎餅はこの炭酸泉を利用して作りはじめられたそうです

IMGP6714_640.jpg

IMGP6715_640.jpg
金の湯 太閤の足湯
入れるスペースがなくスルー

IMGP6716_640.jpg
温泉街らしいイベントもやってました

IMGP6726_640.jpg

IMGP6718_640.jpg
ねね橋とねね像
歴史が全然ダメなので・・・。

IMGP6725_640_20130828232139b7e.jpg
観光総合案内所で有馬温泉ウォーキングマップを見てみると広範囲にホテル・旅館が点在してました
見所はまだまだありそうだったので次回のお楽しみにとっておきます

IMGP6722_640_20130828232140f93.jpg
足湯に入れなかった金の湯で汗を流してきました
お湯は赤茶色に濁っていて、お湯に濡れてしまったタオルは赤茶色に染まっていました

IMGP2430_640.jpg
お風呂あがりはもちろん炭酸
有馬サイダー てっぽう水
栓を抜く時に「ポン」という音がしたので「てっぽう水」と名付けられたとのこと
炭酸が強く、あと味スッキリで美味しかった
(・・・ゲップ、・・・ゲップしながら飲乾しました

IMGP6728_640.jpg
お土産はもちろんこれ
いろんな種類(味)のものがありました

IMGP6729_640.jpg
帰りは路線バス(阪急バス)に乗り宝塚駅へ
バスに揺られ約45分
ここちよく夢の中へ

IMGP6730_640_20130828232156a20.jpg
今日もたくさん遊びました

有馬温泉 金泉の赤茶色の湯はインパクトあったなぁ
次は銀泉、また計画しなければ
六甲山はルートがありすぎて悩んじゃうんですけどね・・・。

六甲全山縦走路、宝塚から逆走のように六甲山最高峰まで歩きました
最初に六甲山を歩いたときにも縦走路を少し歩いてます
六甲全山縦走:公称56km
少し興味があります
・歩ききれるかどうかは未知の世界
・走るのは厳禁っていうルールだからチャンスはあるかも

神戸市主催の大会は11月10日と23日の2回
申込受付は9月2日~8日
申込んでみようかなぁ・・・

山さん遊ばせてくれてありがとう


実際、歩いた距離は20km弱くらいだと思います

関連記事
tag :
コメント:
六甲山毎週通っていたのは10年前のため懐かしいです。いずれ荒地山も行かれると良いと思います
私は荒地山の道なき道の岩場ルートを探すのが楽しかったです
私は先週八ヶ岳・横岳を地蔵経由で日帰りピストンしてきました。
[2013/09/02 15:47] | ヨット #- | [edit]
ヨット さん

荒地山ですね
岩場ルートを探しながら歩いていくのは楽しそうですね
今度、予習して行ってきます♪

京都からは八ヶ岳がとても遠くなってしまいました
また行きたいなぁ~
[2013/09/07 13:21] | おおのたかぼー #- | [edit]
荒地山のキャッスル、ブラックフェース側です。岩梯子側はおもしろくありません。
地獄谷~B懸~キャッスル~ブラックフェースを最初に行かれると良いかもしれません
ただ時間余るので、荒地山のまわりも予習してから行かれると良いと思います
B懸とブラックフェースはザイルなしでも場所によっては登れます
荷物思い時はブラックフェースは左にまき道もあります
[2013/09/07 21:55] | ヨット #- | [edit]
ヨットさん
細かく書いてもらってすみません
岩梯子側はおもしろくないんですね
教えてもらったルートを地図、ネットで予習します(^o^)丿
次行くのが楽しみです♪
ありがとうございました!
[2013/09/07 22:24] | おおのたかぼー #- | [edit]
訂正です。登れるのはB懸でなくA懸です。B懸は地震で崩れたほうでした。
地獄谷~A懸~B懸と岩梯子はガイドブックにでていますが、キャッスル~
ブラックと荒地山周辺岩場はガイドブックにはありませんので地図とネットで
確認してください。ブラックフェースの降り口は地図で事前確認しないと
道標はないのでわからないと思います(テープはありました)
 他にもプロペラ岩とかいろいろな岩があります。岩梯子は一般コースですので
時間あれば、一度は行かれてもいいかもしれません。
[2013/09/09 12:28] | ヨット #- | [edit]
あんぜんやまあるきさん

てっきり四条大橋を渡って河原町から宝塚に行ったのだと思いましたが、
出町柳から浮気せずおけいはんとは恐れ入りました。
[2013/09/09 23:51] | 岳鉄 #dk5xgKTw | [edit]
たかぼーさん 今晩は!

よくよく歩いている六甲山のコースですが
視線が違うと見える景色も違いますね。

週二ペースぐらいで、非番の朝帰り 勤務先から六甲山を
歩いて帰宅していたのですが、ここのところご無沙汰です。

ちょっとした目標があって、しばらくは仕事が終わったら
家まで直行です。

これからの季節、とても気持ちよく歩けるのでたまには息抜き
で歩くのもいいかなと思っています。

大峰山の記事も拝見しましたが、懐かしさでいっぱいです。

私も 同僚を誘って大峰へ行ったときは イマイチの天候
でしたが、その後数十年山のお付き合いを続けました。

たかぼーさんの同僚とも、よきパートナーとして山を続けて
いければいいですね。

単独の山もいいですが、気心の知れたメンバーとの山歩きは
メッチャ楽しいですからね。

[2013/09/10 21:45] | ほろよいりゅうじ #- | [edit]
ヨットさん

了~解です♪
ネットで下調べもして行ってきたいと思います
神戸市主催の六甲全縦大会の抽選に落選してしまったので楽しみができました
ありがとうございます!
[2013/09/16 16:54] | おおのたかぼー #- | [edit]
岳鉄さん

四条駅から四条大橋を歩いていくのがめんどくさかったんで・・・。
なので関西への電車移動はもっぱらおけいはんです(笑
[2013/09/16 17:01] | おおのたかぼー #- | [edit]
ほろよいりゅうじ さん

六甲山、たくさん歩かれてるんですね
登る人違えば見え方も変ってきますからね
神戸市主催の六甲全縦大会の抽選に落選してしまったのですが、個人的に全従をしてみたいなぁと思ってます
(いつになるか分かりませんが・・・。)

大峯山系、とてもいい山域です
今回は天候に恵まれませんでしたがその分、しっとり苔むした景色が見ることができました
なかなかメンバーと行く機会がないんですが、登る人が多ければ楽しいんでしょうね
同僚も『一から鍛えなおします!』と話していたんで、またどこかの山に引き連れていきたいと思ってます
[2013/09/16 17:16] | おおのたかぼー #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://takachann.blog.fc2.com/tb.php/129-d2eda2e8

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。