スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

雪山に一変した雲取山

2013-04-23
2013年 4月20日~21日
IMGP2304_640.jpg
山をはじめたばかりの先輩と春の雲取山(東京都・埼玉県・山梨県の境界:標高2,017m)に行ってきました
積雪・凍結箇所も無くなってるのを確認して雲取山を目指したけどまさかの降雪
のんびり春山ハイクのつもりが雪山ハイクとなることに・・・。
IMGP4623_640.jpg
京都駅発23時25分の夜行バスに乗り込み新宿駅には翌朝5時45分頃到着
ここ最近、夜行バスを利用することが多くなったけど今回乗ったバスは4列シートだけど前席との間隔が少し広いタイプで隣の席とはカーテンで仕切れます
消灯と同時にシートを倒すように案内があるので後ろの席に気遣うことなくシートを倒せます
シートはほぼフラットに倒すことができ熟睡できました

奥多摩駅に向かうため新宿駅で乗りたい電車の路線探し
路線がありすぎて田舎者には困っちゃいます

IMGP4628_640.jpg
青梅駅まで向かい乗り換えて奥多摩駅へ

IMGP4633_640_20130423085248.jpg
青梅駅から奥多摩駅への電車は大・中・小、山域に合わせたザックを担いだ登山者でラッシュ状態
奥多摩駅では奥多摩湖・鴨沢バス停に向かうバス(8時35分発)には長蛇の列 
先輩とは奥多摩駅のホームで合流し増発された臨時のバスに乗り込みました

大半の人は奥多摩湖バス停までには降車されて鴨沢バス停で降車したのは10人くらい
鴨沢バス停には水洗トイレあり
朝食・準備運動を済ませ横断歩道右側の坂道を上って行きます
上り始めのところに交番があり登山計画書ポストがありました

IMGP4634_640.jpg
しばらくは舗装路歩き

IMGP4635_640.jpg
鴨沢バス停から30分くらい歩いてくると小袖乗越登山口に到着
途中、楽に20台は駐車できるであろう駐車場(駐車スペース)があります

IMGP4637_640.jpg

IMGP4638_640.jpg

IMGP4639_640_20130423085315.jpg

IMGP4640_640_20130423085315.jpg

IMGP4641_640.jpg

IMGP4642_640.jpg
特に急登・危険箇所もなくボチボチ高度を上げていきます
周りの景色にあまり変化がないので飽きてしまいそうでした

IMGP4643_640.jpg

IMGP4645_640.jpg
堂所から先もダラダラとした上り
少しだけ見晴らしがよくなりました

IMGP4646_640.jpg
七ツ石山小屋で昼食にするつもりだったので右方向へ

IMGP4647_640.jpg

IMGP4650_640.jpg
小屋までもう少しですよ

IMGP4652_640.jpg
七ツ石小屋到着
ここで昼食にしました
富士山の見える小屋らしいけど山々の展望はなし
天気予報は15時頃から天候が崩れる予報だったけど昼食の途中から霰(あられ)が降ってきました
昼食・トイレを済ませて先を急ぎます
小屋のトイレは開放的な匂いのこもらないワイルドなトイレでした

IMGP4653_640.jpg
七ツ石山を経由して雲取山に向かいます

IMGP4654_640.jpg

IMGP4655_640.jpg

IMGP4656_640.jpg

IMGP4657_640.jpg
先輩には少し可愛そうな環境・・・。

IMGP4659_640.jpg
七ツ石山到着
もちろん展望はなく霰が降り続いているので通り過ぎるだけ

IMGP4660_640.jpg
ブナ坂に向けて一度下ります
だんだんガスってきました・・・。

IMGP4663_640.jpg

見晴らしがいいんだろうけどこの景色

IMGP4666_640.jpg
こんな天候だけど幻想的でよかったかも

IMGP4664_640.jpg
見るのを楽しみにしてたダンシングツリー
この辺は防火帯で開放的な登山道だけどこの木だけ伐採されなかったみたい

IMGP4667_640.jpg
緊急時用のヘリポート

IMGP4670_640.jpg
奥多摩小屋
休憩せずここもスルー

IMGP4672_640.jpg
雲取山まではしばらく上り
途中の雲取山避難小屋でお茶することを目標に頑張ることにしました

IMGP4675_640.jpg

IMGP4676_640.jpg

IMGP4677_640.jpg

IMGP4678_640.jpg

IMGP4679_640.jpg

IMGP4680_640.jpg
景色が見えないし目標にするものが見えないので先輩には辛い時間だったでしょうね

IMGP4681_640.jpg
避難小屋が見えてきました

IMGP4683_640.jpg
もう少しでお茶タイムですよ!

IMGP4685_640.jpg

IMGP4687_640.jpg
入口は2重扉で中はとても綺麗
毛布もあって快適そうです
雲取山山頂へはすぐそこ、山荘までも時間がそれほどかからないので少し休憩
コーヒー豆をゴリゴリしてドリップコーヒーでおもてなし
少し山登りの先輩ぶらせてもらいました

IMGP4692_640.jpg
避難小屋から少し上ると雲取山山頂
この標識は埼玉県側

IMGP4690_640.jpg
この標識は東京都側

IMGP4691_640.jpg
え~っと・・・。

IMGP4693_640.jpg
霰から雪に変わり一面、見る見る白くなってきます
急いで雲取山荘に向かいます

IMGP4694_640.jpg
山荘までの下り
軽アイゼンを履くまでもなかったので足元に注意しながらゆっくり下っていきます

IMGP4696_640.jpg
先輩には辛い天候だったと思うけど雲取山荘到着

IMGP2306_640_20130423085226.jpg
無事到着できてよかった

IMGP4698_640.jpg
宿泊の受付を済ませ部屋に案内されると小部屋にコタツ
山荘には100人くらいの宿泊予定だったらしいけど半分近くの宿泊キャンセルがあったらしく小部屋を2人で使うことができました
雲取山はこの時期に降雪があるらしく去年も5月の初めにも降雪があったらしい

冬の小屋泊で小部屋にコタツ
一度経験してみたかったので嬉しかったぁ

IMGP2311_640.jpg
18時に夕食
ご飯はおかわり自由

IMGP4702_640.jpg
携帯の電波はNTTは良好
ワンセグが見れたことにビックリしました

20時30分に消灯
コタツに腰まで潜り上半身にはコタツの掛け布団をかけて就寝しました
豆炭コタツはとても暖かく深夜、暑くて足を出す始末
贅沢な環境で過ごさせてもらいました


IMGP2313_640.jpg
寒い想いをすることなく熟睡できました
5時30分に朝食
ご飯のおかわり自由

IMGP4705_640.jpg
雪は深々と降積り小屋前で20cmくらい
トレースを当てにするため先発パーティの出発を待ちながら準備をします

山荘のトイレは別棟にありトイレットペーパーまで流せる水洗トイレ
とても綺麗なトイレです
山荘の方々はとても親切にしてくださって気持ちよく過ごさせてもらいました

IMGP4707_640.jpg
保険で持ってきてた6本軽アイゼンを先輩に履いてもらいました
先輩にとっては何もかもが初体験

IMGP4709_640.jpg
雪山登山になってしまいました

IMGP4711_640.jpg
情けない格好で躓かないようゆっくり歩いてもらいます

IMGP4713_640.jpg

IMGP4714_640.jpg

IMGP4715_640.jpg
2回目の雲取山山頂

IMGP4718_640_20130423085659.jpg
まさかの銀世界でした

IMGP4720_640.jpg

IMGP4723_640.jpg
新雪だったので歩くのが気持ちよく自分は走って下ってきました

IMGP4730_640.jpg

IMGP4727_640.jpg

IMGP4732_640.jpg
この時期にこんな景色が見れるとは思ってもいませんでした

IMGP4733_640.jpg

IMGP4734_640.jpg

IMGP4737_640.jpg
軽アイゼン歩きも慣れてきたかな?

IMGP4739_640.jpg
ブナ坂でテン泊した人達は寒かっただろうなぁ

IMGP4740_640.jpg

IMGP4747_640_20130423085815.jpg
ダンシングツリーが見送ってくれてるようでした

IMGP4749_640.jpg
ブナ坂は部分的にトレース通り巻き道を通って歩いてきました

IMGP4751_640.jpg
ブナ坂を下りきると七ツ石山への上り、巻き道への分岐点

IMGP4752_640.jpg
ここもトレース通り巻き道を歩いて時間短縮

IMGP4753_640.jpg

IMGP4755_640.jpg
巻き道では右側に滑り落ちないように慎重に歩いていきます

IMGP4757_640_20130423085847.jpg

IMGP4758_640.jpg
だんだん緑の割合が多くなってきたけど結構、下の方まで雪が降ったみたい

IMGP4760_640.jpg
少しだけ山の上にいるっぽい景色を見ることができました

IMGP4761_640.jpg
日曜日なのに小袖乗越登山口近くの駐車場(駐車スペース)は台数少なめ

IMGP4763_640.jpg
駐車場も通り過ぎて鴨沢バス停までもう少し

IMGP4767_640.jpg
ところどころに咲いてる山桜と緑が綺麗でした

IMGP2315_640.jpg
鴨沢バス停到着
11時22分のバスに間に合いました
この時間を逃すと次は14時33分
間に合ってよかったぁ

IMGP2317_640.jpg
帰りのバスは外人さんが半分以上
なぜか格好よく見えちゃうんだよなぁ・・・。

IMGP2319_640_20130423085250.jpg
奥多摩駅では思っていたほど乗客はなく余裕で座れました
青梅駅で乗り換えて先輩は立川駅で下車し大宮駅へ
自分はそのまま東京駅へ

IMGP2321_640.jpg
帰りはのぞみでゆったり帰りました

IMGP2322_640.jpg
駅弁を買って少し遅めの昼食


先輩は高尾山の次の山が今回の雲取山でした
都内から近く、山頂までアプローチが長くて時間がかかるけど危険箇所もなく山荘も綺麗なので雲取山を計画したけど刺激が強かったかな・・・

人間が自然の中に遊びに行ってるんで、人間が自然の環境に合わせるしかない
いろんな環境・天候・景色があるからまた山に行ってしまうんですよね

『次はどこの山に・・・』
なんて先輩が言ってくれてたのでまた計画しなければ


それにしても自分の『悪天候男』『嵐を呼ぶ男』のレッテルをそろそろはがさなければ・・・。
山の神様・・・お願い

山さん遊ばせてくれてありがとう


GPSの軌跡でないので参考軌跡です

関連記事
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://takachann.blog.fc2.com/tb.php/117-28bb66d5

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。