スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

穂高・槍を眺めに蝶ヶ岳~常念岳(二日目)

2012-11-18
2012年 11月 4日

槍・穂高連峰が赤く染まりました
今日も感動的な景色が見れそうです
IMGP1821_640_20121118215620.jpg
夜空の撮影を終え合羽を着たまま寝袋に入り込みザックに足を突っ込んでようやく眠ることができました

寒くて起きることもなく4時過ぎに目が覚めました
テントの外を覗いてみると風もないし今日も天気がよさそう
お湯を沸かしラーメン、残り汁雑炊で腹ごしらえ
テントの中をあらかた片付け、日の出の撮影に出かけます

富士山と日の出、贅沢な景色です

IMGP1827_640.jpg

IMGP1826_640_20121118215619.jpg

IMGP1824_640.jpg
振り向くとこの景色

IMGP1831_640_20121118215618.jpg
周りが赤く染められます

IMGP1838_640.jpg

IMGP1863_640.jpg
日が高くなるにつれ、みるみる暖かくなってきます
やっぱり太陽ってすごい

IMGP1849_640_20121118215646.jpg

IMGP1854_640_20121118215645.jpg
何度見ても綺麗

IMGP1865_640.jpg
朝からとてもいい景色を見せてもらいました
このまま帰ってもいいくらいの満足感
と思いつつも欲張りなので予定通り常念岳を目指します

IMGP1866_640_20121118215644.jpg
風もなく暖かい日です

IMGP2137_640.jpg
最高の景色をバックに

IMGP1868_640_20121118215709.jpg
槍・穂高を見ながらのトレッキング

IMGP1869_640.jpg

IMGP1872_640.jpg

IMGP1873_640_20121118215708.jpg

IMGP1875_640.jpg
だんだん槍の見える景色が変わってきます

IMGP1876_640_20121118215707.jpg
また登りに行きたいな

IMGP1878_640.jpg

IMGP1877_640_20121118225547.jpg
歩いては振り返りの繰り返し
なかなか先に進めません

IMGP1879_640_20121118230014.jpg

IMGP1882_640.jpg
もうすぐ蝶槍

IMGP1884_640_20121118230013.jpg
歩いてきた蝶ヶ岳方向
ここまでは気持ちいいトレッキング

IMGP1886_640_20121118230013.jpg

IMGP1887_640_20121118215757.jpg
どこを見ても絶景

IMGP1890_640.jpg
常念岳に向けてここから下りです

IMGP1895_640_20121118215756.jpg
森林地帯まで下ってきます

IMGP1896_640.jpg
で、下ったら上る

IMGP1898_640.jpg
蝶槍から先、あれだけ下ってきました
結構下ります

IMGP1900_640.jpg
富士山は綺麗に見える

IMGP2138_640.jpg
槍・穂高も綺麗に見える

IMGP1908_640_20121118215823.jpg
最高の縦走路です

IMGP2141_640.jpg
なかなか先に進めない・・・。

IMGP1911_640_20121118215823.jpg
常念岳がだんだん大きくなってきました
でもまだ遠いなぁ・・・。

IMGP1912_640.jpg
上りで疲れても

IMGP1913_640_20121118215822.jpg
この景色を見れば頑張れる

IMGP1917_640.jpg

IMGP1918_640.jpg
岩場が多くなってきました

IMGP1920_640_20121118215845.jpg
足元に注意しながら急降下

IMGP1921_640.jpg

IMGP1922_640_20121118215844.jpg
岩場の上り、ハートマークに癒されながら上って行きます

IMGP1926_640_20121118215844.jpg
パール富士あらためパール槍?

IMGP1934_640.jpg

IMGP1936_640_20121118215843.jpg
常念岳への最後の上り

IMGP1939_640_20121118215908.jpg

IMGP1938_640.jpg
疲れたら目の保養

IMGP1940_640.jpg
蝶ヶ岳からの縦走路
だいぶ歩いてきました

IMGP1941_640.jpg
目の保養終わり

IMGP1945_640.jpg
もう少し

IMGP1953_640.jpg
頂上の祠が見えたぁ

IMGP1960_640.jpg
常念岳山頂
思ってたより頂上は狭かったなぁ

IMGP2143_640.jpg
やったね

IMGP1969_640.jpg

IMGP1962_640_20121118215934.jpg

IMGP1963_640.jpg

IMGP1964_640.jpg

IMGP1965_640.jpg

IMGP1966_640_20121118215932.jpg

IMGP1968_640.jpg
大パノラマ
出来すぎた景色

IMGP1971_640_20121118220011.jpg
帰りたくないよぉ

IMGP1973_640.jpg

IMGP1974_640_20121118220010.jpg

IMGP1975_640.jpg
よ~~ぉく目に焼付けてきました
どれだけ見てても見飽きません
風もなく最高の日です

IMGP1979_640_20121118220036.jpg
後ろ髪を引かれつつも下山開始
常念小屋、前常念岳~三股の分岐
ここで昼食にします

IMGP1981_640.jpg
常念小屋方向
この先の縦走路を歩くのも気持ちいいだろうな

IMGP1980_640_20121118220035.jpg
この景色を見ながら

IMGP2144_640.jpg
贅沢な昼食でした

IMGP1982_640.jpg
前常念岳経由、三股に向かいます
ここからはずっと下りでガイド本だと4時間以上

IMGP1984_640_20121118220034.jpg

IMGP1986_640_20121118220034.jpg
どんどん下って行きます

IMGP1988_640.jpg
常念岳はもうあんなに遠くに

IMGP1990_640.jpg
前常念岳と避難小屋

IMGP1989_640_20121118220059.jpg
ここから先、飽きるほどの下りでした

IMGP1991_640.jpg

IMGP1994_640.jpg
大きな岩場を下って行きます
結構下ります

IMGP1996_640_20121118220129.jpg
飽きるほど下ります

IMGP1997_640_20121118220128.jpg
富士山とももうすぐお別れ

IMGP1999_640_20121118220127.jpg
穂高ともお別れ

IMGP1998_640_20121118220128.jpg
こんなところを延々と下ってくるけど、三股から上りで使ってたら間違いなく心が折れるなぁ

IMGP2000_640.jpg

IMGP2001_640.jpg
いい加減、下りが嫌になってた頃

IMGP2002_640_20121118220154.jpg
ようやく森林地帯に入って岩場の下りから解放されました

IMGP2004_640.jpg

IMGP2006_640.jpg

IMGP2007_640.jpg
森林地帯も嫌になるほどの下り
上りで使うのは絶対無理だなぁ・・・。

IMGP2008_640_20121118220153.jpg
川の音が大きくなってきました
もう4時過ぎ
日の光が弱くなってきました

IMGP2013_640.jpg
体力に自信がないのでこのルートの上りは無理っす

IMGP2015_640_20121118220220.jpg
三股分岐近くの水場
実は常念岳頂上で飲み水がなくなり下りは水なし
昼間は上着がいらないほど気温が上がりたくさん水を飲んじゃいました・・・。
雪を溶かして飲むところまでは追い込まれなかったけど、ここまで喉がカラカラ
たくさん潤いました

IMGP2145_640.jpg
三股分岐
蝶ヶ岳~常念岳、グルッと一周してきました
疲れたぁ・・・。

IMGP2019_640.jpg

IMGP2021_640.jpg

IMGP2022_640_20121118220219.jpg
もう夕方
薄暗くなってきました
紅葉もたくさん目に焼付けてきました

IMGP2025_640_20121118220218.jpg
車を乗り換えて愛車はキューブ
これからいろんなところに行こうね

IMGP2147_640.jpg
帰り道にある「ほりでーゆ~四季の郷」でお風呂に入って温まってきました

IMGP2149_640.jpg
長野自動車道の安曇野インターチェンジ(豊科インターチェンジから名称が変わってます)から京都まで約5時間
遠いなぁ・・・。
途中の梓川サービスエリアで夕食を食べてボチボチ帰りました


二日間とも出来すぎた山行でした
こんな山行、そうないんじゃないかなぁと思います

蝶ヶ岳、常念岳からの槍・穂高連峰は日本の風景ではないみたいでした
(海外の山に行ったことはないんですけどね・・・。)

夢のような二日間
山さん遊ばせてくれてありがとう




関連記事
tag :
コメント:
ほんと、あり得ないくらいの光景の連続ですね。
満喫されつくしたことでしょうね。
頑張られた甲斐があったというものではないでしょうか。

羨ましすぎます。

最近山から遠ざかっているので、焦ってきましたよ、こんな写真見せられたら。。

北アルプス、急登もまた楽し、ですかね。
[2012/11/21 00:38] | devilman #- | [edit]
ワンダホ~!

1日目、わあ!わあ! 言いながら画像を見ていました。
2日目もまた、見たことのない景色を見せてくれて、
ありがとうございます!

槍・穂高連峰ももとより、2日目の赤く染まった
山小屋と常念周辺もいいですね。テントの数、人の数、
少ないけれど、人がいる温かさを感じます。

雪があっても、寒いとわかっていても、
険しい道のりでも、登って行く人がいるのですね。

「あんぜんやまあるき」でなによりです。

ワンダホ~!





[2012/11/21 22:21] | 森乃あさ  #- | [edit]
devilman さん

いつもありがとうございます
今までに見たことない景色の連続で大満足の山行でした
ずっと槍・穂高を見ながらの山歩きは最高ですね
今年の山行は天候が悪かったイメージがあったんですが全て帳消にしてくれるくらいの天候でした
いろんな人に見てほしいなぁと思う光景でした

devilmanさんの山での写真、楽しみにしていますよw
あんな景色がたまに見れるからきついけどまた山に行ってしまうですよね
[2012/11/23 10:17] | おおのたかぼー #- | [edit]
森乃あさ さん

いつもありがとうございます
雑誌でしか見たことがない光景が目の前に広がり感動の連続でした

テントも思ったほど多くなく山小屋も行った週に小屋閉めの時期でビックリするほど人はいませんでしたがみんな大満足な週末だったと思います
みんな同士って感じで感動を分かち合いました

思っていたより雪があるところもあったけど天気がよくて最高の山歩きとなりました
無理無茶しないでこれからもボチボチ歩いていきたいと思います
[2012/11/23 10:24] | おおのたかぼー #- | [edit]
二日間、すばらしい天気でしたね。
麓から常念がクッキリハッキリ見えていたのを覚えています。
槍穂の展望台といわれる蝶ヶ岳、堪能されたようでとても羨ましいです。

昨年、三股から前常念、常念頂上、蝶槍、蝶ヶ岳、三股と回りましたが、
常念からの下り、ここは絶対登りでは使いたくないと思いました(笑)。
どちらから登ってもきついということでしょうね。

11月第三週、いよいよ常念も真っ白になってしまいました。
今年は例年よりも雪が早いです。いよいよ冬山のシーズンですね。
[2012/11/24 20:52] | spearhead #GNpDnBoc | [edit]
takabohさん、こんにちは!

いや~、凄すぎる二日間ですね。
すばらしいお天気で何とも羨ましいこと。

八ヶ岳ではかなり悪天候に悩まされていたようですが、
ここで一年分を一気に取り返したって感じですね。

こんな素晴らしい状況で縦走できるといいなぁ~

でも、前常念経由で下りて来ると長いですよね。
特に岩室小屋から下は大岩がゴロゴロでとになく歩きずらい。
あれを登りに使うのはホント心も骨も折れそうです。

素晴らしい写真をありがとうございました。
お疲れさまでした~
[2012/12/04 22:19] | noborunda #- | [edit]
spearhead さん

いつもありがとうございます
遅くなりました・・・。

二日間とも信じられないくらいの天気でした
槍・穂高がガイド本と同じように見れてとても感動しました

容易なコースではないとは思ってましたがどちらから登ってもきついですよね
もう今頃、北アは真っ白でしょうね
冬山シーズン到来
この冬はどこに遊びに行こうかなぁw
[2012/12/05 19:18] | おおのたかぼー #- | [edit]
noborunda さん

いつもありがとうございます
信じられないくらいのすばらしい天候で本人が一番びっくりしてましたw
この日に登られた方はみなさん幸せ者ですよ

今年前半、八ヶ岳が多かったなぁという感じですが悪天候ばかりでしたねぇ
その見返りに今回の天候だったんでしょうか
どこまでも歩いていきたいと思わせてくれる天候でした

前常念からの下り、「もういいでしょうっ」と何度も口に出しながらヘトヘトになりながら下ってきました
下ってみて分かりましたが登りは絶対無理だろうなぁ
間違いなく心折れちゃいます

今年ももうすぐ終わりですね
noborundaさんの精力的な・他分野でのご活躍、毎回ブログを拝見させていただいて楽しみにしております
次はどこを登るんでしょうかね?
[2012/12/05 19:50] | おおのたかぼー #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://takachann.blog.fc2.com/tb.php/100-63130e00

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。